イールド・カーブ


期間と金利水準をグラフ化した曲線。日本語では「利回り曲線」ともよばれ、期間を横軸に、金利水準を縦軸に置いてグラフ化する。
一般的に、期間が長くなればなるほど金利は上昇するので、グラフは右肩上がりになる。この角度によって、将来の金利に対する市場の見方を判断する。