Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)


インジケーター概要

Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)は著名な投資家であるラリー・ウィリアムズによって考案されたインジケーターです。

ストキャスティクスに近いインジケーターとなり、過去の一定期間の高値と安値の間のどの水準にいるのかを示しています。ストキャスティクスに比べると早い段階で上下に振れる傾向があります。

Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)の見方

Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%レンジ)は0から-100までの数値で現在の価格の水準を示します。

-20を超えると買いに過熱感、-80を超えると売りに過熱感と考えることもできますが、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系のインジケーターに比べると、早い段階でこの水準に達してしまうため、この水準を超えたからといって逆張りをするとさらに値動きのピークには達しておらず、うまくいかないことの方が多いです。

トレンドの発生する場面では上部や下部に張り付いてしまうこともしばしばあります。そのような状況で一定水準の間でレンジを作るような動きとなった場合はそのレンジが崩れたところが逆張りのエントリーポイントとなります。

このウィリアムズ%Rは、最初にこの水準を超えるところで順張りで攻めていく方が短期的なトレンドを捕まえるのに向いています。-20ではなく-30を超えたところや-70を超えたところなどで順張りをしてみるというのもいいかもしれません。

Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)の設定

Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)の設定は算出の元となる期間のみとシンプルです。デフォルトでは14となっています。

より長期的な期間での価格の水準をみる場合にはこの期間を長めに設定します。

まとめ

ウィリアムズ%Rは一定期間の値動きの中での現在の価格の水準を0から-100までの数値で示すインジケーターです。

-20を上抜けると買われすぎ、-80を下抜けると売られすぎを示しますが反応が早いため、しっかりとレンジを作り、レンジを抜けるような動きとなった時が逆張りでのエントリーポイントとなります。

また、反応が早いという特徴を活かし順張りでのトレンドフォローのエントリーポイントを探るためのツールとして使うというのも有効です。