今週の見通し(豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

ドル円、ユーロドル、ポンドについての今週の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

豪ドル の今週の見通し ( AUD )

豪ドル円はだましのブレイク

先週の豪ドル円は大きなチャート・ポイントであった80.45のサポートを下抜けショートカバーがましたが、さしたるフォロースルーもなく、週足チャートの終値は80.80ともとのレンジ内に戻って引けています。これまで何回か書いているように、だましのブレイクが起きた場合、これまでのレンジの反対側を試しに行くことがしばしば起こります。したがって豪ドル円は84.50、そこまでは難しくとも少なくとも7月にあった82円台のもみ合い圏までは戻ると思います。

fx

豪ドルもRetracementの週に

先週の豪ドルの対ドル相場(AUDUSD)も、その前の週に三角持合いを下抜けしまし、安値を更新したものの高値引けしています。他の対ドル通貨ペアと同様に今週は三角持合いのかつてのサポートだった0.7325を上抜けするか、頭を押さえられるかが注目ポイントです。再びドル高が始まったと思われるので、0.7325の上にストップを置いてショートしてみたいと思います。

fx

NZドル の今週の見通し ( NZD )

キウィ円も戻り売り

先週のキウィ円も安値を更新したものの、豪ドル円と同様にほぼ高値引けしました。こちらも急落の後の戻しであると考えます。したがってこれまで重要なサポートだった74.00の上にストップを置いて、戻りを売ってみたいと思います。

fx

キウィ・ドルも戻り売り

ニュージーランド・ドルの対USD相場(NZDUSD)も豪ドルと同様に先週は高値引けしています。こちらも大きなチャート・ポイントであった0.6685の上にストップを置いてショートしてみたいと思います。

fx

ランド円 の今週の見通し ( ZARJPY )

ランド円もまだまだ下げリスク大

先週のランド円も急落し、ものすごく広いレンジの週となりました。マーケット・コメントではトルコ円のせいで急落したような書き方が大きのですが、下の週足チャートをご覧いただくと明確ですが、7.768のサポートを見事にブレイクしていることがわかります。つまりトルコ円の下げがきっかけかもしれませんが、ランド円でも大きなチャート・ポイントをブレイクしたために起きた急落なのです。したがって、ランド円も新しいトレーディング・レンジに移行したと考えます。つまり6.38-7.77のレンジでの動きになるでしょう。

fx fx

トルコリラ の今週の見通し ( TRYJPY )

トルコ円の底値は見えず 

先週のトルコリラ円は15円台まで急落した後の戻りも強烈でした。しかし、これで底値を確認したと判断するには時期尚早です。もう一度安値をトライする可能性が大です。ただし、10年前までは90円だった訳ですから、ぼちぼち長期的なキャリートレードを再開する時期に入ってきていると思います。安心して買えるように、底値を確認したいと思います。

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

ドル円、ユーロドル、ポンドについての今週の今週の見通しはこちらをクリックしてください。