今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

トップチャートはドルインデックスの日足チャートです。インディケーター的には上げの力強さに陰りが出てきていると思いますが、まだ上げの余地がありそうです。楕円で囲んだ2つの山がレジスタンスになると思います。94-95が当面の目標としてみましょう。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

ドル円の当面の目標は112.15

先週のドル円は109円を死守し、さらに上昇の波に乗っています。基本的にはドル高の流れが継続しているので、当面の目標は2015年8月からの下降レジスタンス・ラインがある112.15です。これが抜ければ1013.50-114.50のゾーンが次の目標になるでしょう。どの通貨ペアもそうなのですが、週足で見るとドル高トレンドが始まったばかりのように見えます。一方で日足チャートでは少し買いすぎ感が出ているように見えます。個人的なストラテジーとしては112円近辺でいったん利食って、押し目を待って次の上昇の波を待とうと思っています。

fx fx

ユーロ の今週の見通し ( EUR 関連)

ユーロドルの第1目標は1.15台

先週のユーロドルは戻しはあったものの月曜日だけの調整でしたし、上げ幅も小さいものでした。今週の動きも先週からの下降トレンドが継続すると思いますが、日足チャートで見るとわかるように1.17台から1.15台にかけては上昇する局面で何度も下支えされているゾーンなので、ストップは少しタイトめにおいてショートキープで攻めたいと思います。
ドル円と同様に、下げが始まったばかりですので、戻りはしっかりと売っていきたいと思います。

fx fx

ユーロ円は三角持合いの中

ユーロ円は、下の日足チャートでも明らかなように三角持合いの中での動きにとどまっています。ドルインデックスのチャートを見るとドル高が市場を引っ張っているからではないでしょうか。
現在のところ、129.25-132.20が持合いのサポート・レジスタンスです。このどちらかがブレイクするまでドルストレートの通貨ペアに集中しましょう。

fx fx

ユーロポンドは下降チャネルの中

ユーロポンドについていろいろと述べてきましたが、結果的には緩やかな下降チャネルの中での動きになっています。そして、先週の後半にはその中で出来ていた小さな三角持合いを下抜けしました。このため0.8680を下値の目標にしたいと思います。
この意味でもユーロドルの下げの方が大きくなると思われます。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドドルのメイントレンドは下げ方向

先週のポンドドルは、期待通りとはならず、横ばいのレンジ相場となりました。1.3450がレンジのサポートですが、このレベルを週足で見ると、ピッタリというわけではないのですが、Brexit直後の戻り高値とほぼ同じ水準です。このようなチャート・ポイントは意外と重要ですので、覚えておいて損はないでしょう。
今週はこの1.3450をブレイクするかどうかに注目です。レンジのレジスタンスは1.3620付近ですので、フレキシブルに対応したいと思います。ただ、中期的には下降トレンドに入っていることは常に心の片隅に置いておきましょう。

fx fx

ポンド円は三角持合い

先週のポンド円は先週指摘した三角持合いからは抜け出せずに終わりました。今週のサポート・レジスタンスは、146.50-152.50です。値幅が6円もありかつ、現在はほぼその中心付近にあるので、どちらに転んでもおかしくはありません。このようなときは別の通貨ペアでポジションを取った方がいいでしょう。

fx fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。