今週の見通し(豪ドル、 NZドル、ランド円、 トルコリラ円)

fx

豪ドル の今週の見通し ( AUD )

豪ドルはダブルトップのネックラインを割れこんだので売り場探し

上のチャートは豪ドル ( AUDUSD ) の対ドルの日足チャートです。ご覧のようにすでに5月からの上昇支持線はすでに下抜けしていますが、7月からの緩やかな上昇支持線も先週下抜けしています。したがって、基本的にはショートで攻めてみたいところです。0.7870付近は水平のサポートでしたので、下抜けした後ではレジスタンスになっているはずです。その水準までの戻りを売るか、0.7785の水平なサポートラインを割れ込んだところでストップエントリーするかのOCOで様子を見ることにします。
もし0.7785が切れた場合の目標は、0.75台の半ばあたりになると思います

下のチャートは豪ドル円の日足チャートですが、ご覧のように6月の上昇支持線は依然として有効です。現在87.80付近まで上昇しており、一日ずつ上昇するので、下抜けするのは時間の問題と思います。対ドルと同様に、このサポートラインが切れたところで、ストップエントリーしてみたいと思います。その時の目標値は、86円付近です。

f

* 豪ドルの基本情報をまとめましたので、こちらをクリックしてご覧ください。

NZドル の今週の見通し ( NZD )

NZドルも弱気モード

NZドルも豪ドルと同様に頭が重くなっていますが、AUDNZDが下げに転じているため、現在のところショートするのであればNZドルよりは豪ドルのほうが効率出来です。しかし、下の日足チャートでもわかるように0.7130の水平なサポートラインがありますので、これを割れ込めば一気に0.68台を試しに行くと思います。
豪ドルと同様に、0.7130割れでストップエントリーしてみたいと思います。

fx

NZドル円は、大きな三角持合いのちょうど中央付近にいます。米ドル高への調整が始まっていることを考えると、ショートで攻めてみたいと思いますが、資金効率から言っても83円台までの戻りを売るくらいしか選択肢はなさそうです。

fx

* NZドルの基本情報をまとめましたので、こちらをクリックしてご覧ください。

ランド円 の今週の見通し ( ZARJPY )

ランド円はキャリーのチャンス

上のチャートはランド円の日足チャートです。今年の3月の下げの後はその中で三角持合いのを形成中です。現在のところ若干頭は重くなっていますが、最近の相場が米ドルの水準調整相場になっているので、クロスの大きな変化はしばらくの間は出てこないでしょう。つまり、ランド円はもうしばらくの間、この三角持合いの中での推移が続くと考えられます。したがって、この三角持合いのサポートの下(現在は8.12)にストップを置いて、金利差を稼いでいきたいと思います。

fx

トルコリラ の今週の見通し ( TRYJPY )

リラ円は弱気モード

トルコリラ円はもう少し頭は重くなっています。下のチャートでも示しましたが、31.37に水平なサポートラインがありますので、これを下抜けすると30.60を試すと思います。したがって、現在、ロングポジションを持っている場合には、31.37割れでいったん手じまい、30.60付近でキャリーを再開する戦略はいかがでしょうか。

fx