今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

ドル円の当面の目標は110.70です

トップチャートはドル円の週足チャートです。先週のクローズはちょうどトレンド・ライン上にありますが、このトレンド・ラインは2012年からの長期のサポートラインです。これが下抜けしたにもかかわらず、大きなフォロースルーもなく、値を戻しているわけです。そして、107.50のレジスタンスを上抜けし、長期のトレンドラインも上抜けしています。これまで繰り返し書いてきましたが、チャート・ブレイクしたにもかかわらず、また元のチャート・ポイントまで戻ってきた場合には、その前のレンジ(等)の逆サイドまで戻す、ということが非常に多く起きます。今回もこのセオリーに基づくと下の日足チャートに引いた2本の下降レジスタンス・ラインをトライしに行くと思われます。現在のところ110.70、112.40付近です。毎日少しずつレベルを下げてくるので、相場が近づいてきたときには毎日チェックしましょう。

fx

ユーロ の今週の見通し ( EUR 関連)

ユーロドル の次の目標は1.1715です/h3>
先週のコメントで掲げていた第1目標である1.1915は完璧に達成しました。これはそれまでのレンジの161.8%の水準でした。フィボナッチは黄金比と呼ばれるだけあって、本当にすごいですね。
さて、これからの展開ですが、確かに第1目標まで下げたことで達成感はありますが、まだトレンドが終了したサインはありません。出来れば1.2050/1.2100の間でもう一度ショート・ポジションを作って1.15台を目指したいと思います。
先週指摘した第2、第3目標は1.1715、1.1550です。

fx

ユーロドル円 の下げは一服の可能性

ユーロ円も予想通り大きく下げ、一瞬130.00割れまで下落しました。当面は頭が重い展開となるでしょうが、どこかでドル円に引きずられて値を戻す可能性が否定できません。したがって、130円台でのショートはあまり持ちたくはありません。

fx

ユーロポンドは0.8930が上値の目標値です。

ユーロポンドは0.9685-0.8800-0.8930の2段重ねのレンジ相場が続いていることは何回か触れました。先週は0.8800を上抜けし、そのうえでクローズしました。したがって、次の目標はレンジの上限である0.8930です。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドドルの下げはまだまだ続きそうです

ポンドドルは目標としていた1.3710を簡単に下抜けしてしまいました。先週はユーロポンドが微妙なレベルにあったので、ポンドドルの下げが一服する可能性があり、それ以下のチャート・ポイントには触れずじまいでした。というわけで、これからの展開としては下の日足チャートに引いた2本のサポートラインが下値の目標になると思います。
最初のラインのある1.3300は、2017年11月~12月にかけてのサポートです。そして、次のラインは1.3040です。これは、2017年10月~11月にかけてのサポートです。
下の2つ目のチャートは週足チャートですが、これを見るとBrexit前の揉み合い圏まで戻した後、下げに転じたことがわかります。そして、MACDを見ると下方向へのシグナルが点灯し始めたばかりです。息の長いダウン・トレンドになりそうです。

fx fx

ポンド円も147円の目標を達成

ポンド円はも先週のコメントで書いた目標値をあっさりと達成しました。ポンドドルのコメントでも書いたようにポンド自体の下降トレンドはまだまだ続きそうですが、対円を見るとあまり下値を追いかけたくはありません。なぜならドル円がどのタイミングかはわかりませんが、急騰してもおかしくはないからです。もしシートし直すのであれば、148/149円台まで引き付けたほうがいいでしょう。

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。