今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

107.50が分岐点

先週のドル円は104円台を付けたものの、107.00まで戻し106円台前半で週を終えました。今週はまだイースター休暇の国もあるので、週初は薄いマーケットの中をどちらに動くかということになります。トップチャートの週足のドル円チャートを見ると、
1. 2本の上昇トレンドラインの間にある。
2. 107.50の下で推移している。
3. MACDが依然、下向きである。
以上の理由から、ドル・ベア・スタンスは堅持します。
ただし、あまり急激な下げは下側の上昇トレンドラインのある101.90が切れるまで、期待できないようです。

fx

ユーロドル の今週の見通し ( EURUSD )

ユーロドル は下値リスクが大きくなっているような気がします

先週のユーロドルは、一旦は1.2450を上抜けしましたが、また元のレンジ内に戻っています。
ただし、下の日足チャートに引いた、上側の上昇サポートラインを試しています。もちろんこのラインが切れても次の2017年11月からの上昇サポートラインが1.2200付近に控えているので急落はなさそうですが、そろそろ下方向へのトレンドが生まれそうな予感です。もう少し様子を見たいと思います。

fx

ユーロ円は意外と底堅くなっています。あまりきれいではありませんが、131.50に引いた水平なラインを見ると2017年8月ころからこのラインを対象軸として動いているように見えます。したがって、完全に131.50の上で推移するようになれば、ユーロ円は現在のレンジバンドの上限の134.50を目指す動きになるでしょう。
とは言え、ドル円がベア(弱気)でユーロドルも弱気に転換する可能性が高いということを考えると、やはり大きな流れは下方向であると思われます。

fx

ユーロポンドは予想通り0.8685-0.8930のレンジ相場が続いており、レンジの下限から戻りつつあります。取りあえずは、どの程度の戻りがあるか様子を見たいと思います。ただし、そうなると対ドルでも落ちにくくなるので、あまり歓迎できませんが、それならば、ユーロではなくポンドを売ることを考えたいと思います。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドは1.37台へ

先週のポンドドルは予想通り下げに転じました。今週も基本的にはポンド売りスタンスはキープです。
最初のサポートは1.3890ですがそれよりも1.3710に注目したいと思います。
上に書いたように現在のところユーロポンドはレンジ内の上限を目指すのであれば、ポンド売りの方が効率がいいでしょう。

fx

先週のポンド円は週初に大幅に上げたものの、フォロースルーは今のところありません。この間ポンドドルが下げ幅を大きくし、その反面ドル円が強含みだったため概ね高値圏での推移となりました。
とは言え、下の日足チャートでもわかるように、直近の上昇サポートライン上で先週を終えているので、対円でもポンドが下げに転じる可能性が出てきました。このラインを下抜けした場合には145円台前半が目標値となるでしょう。」

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。