今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

ドル円は107.40がターゲット

ドル円はようやく三角持合いのサポートラインを110.10で下抜けしました。最初のターゲットは上昇サポートラインのある107.40です。このサポートラインは2012年9月からの長期のサポートラインですから非常に重要です。2017年9月にも107.30を付けて大きく反発していることを考えると、ブレイクするのは簡単ではないと思います。110.10のブレイクでショートしている方は107円台半ばでは一旦利確して様子を見たほうがいいと思います。もし、107円台を割れ込む場合には、トップの週足チャートに引いた少し水平なサポートラインのある101.50が次の大きな目標になるので、見極めてからポジションを取っても遅くはないと思うからです。

fx

ユーロドル の今週の見通し ( EURUSD )

ユーロドル は相場反転の可能性大

先週のユーロドルは週初は安値を試した後予想通り上昇しました。しかしながら1.25台を試しましたが意外と値持ちが悪い状態です。もし1.2350が下にブレイクする場合には、下方向への大きな調整が入ると思います。このレベルからはロング・ポジションに長く固執しないほうがいいでしょう。

fx

ユーロ円は依然としてかつてのレンジバンドの上限だった134.50の上にいるものの、上昇トレンドに入っている、というよりはレンジが上にシフトしたようです。下の日足チャートにあるように当面は134.50-136.65の間での動きになると思います。ただし、134.50が下抜けした場合には131円台の試しに行く可能性も出てくるので、要注目レベルです。

fx

ユーロポンドは予想通り0.8730を試してブレイクしましたが、再び元のレンジに戻っています。下の日足チャートでもわかりますが、昨年の12月8日にあった騙しのブレイクの安値とほぼ同じ水準を試して反発しています。このため当面は広めのレンジ(0.8685-0.8930)相場とみていいでしょう。そしてサポートからの反発ということは、次はレンジのレジスタンス側を試すということになると思います。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドドルは大きく反転する可能性

先週のポンドドルは、予想通り上昇し1.4345の高値を付けました。とは言うものの、ユーロドルと同様に高値圏での値持ちが悪いまま週を終えています。1月15日のコメントでも書いたように1.41-1.47の間がターゲットでしたでの、昨年3月の1.2140からの強い上昇トレンドはほぼ終了してもおかしくはありません。トレンドが反転するときはそれに対抗する動きも強く、大きく上下することがしばしばあります。先週の木曜日・金曜日の動きはまさにそのような状態でしたので、もしまだロング・ポジションを持っている場合には1.4050付近割れ込んだ場合には、ポジションを閉じて一休みしてもいいのではないでしょうか。

fx

ポンド円も予想通り上昇チャネルの中でそのレジスタンスを試して一旦は上抜けしました。しかしながら、きれいなフォロースルーはなく金曜日には再びチャネルの中に戻って引けています。ここまで書けば小生が何を書こうとしている方も多いと思いますが、今度はチャネルのサポート・ラインを試しに行くサイクルに入ったと思います。つまり下の日足チャートでは143.60付近が長期のターゲットになるでしょう。

fx