今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

明けましておめでとうございます。本年も当サイトをよろしくお願いいたします。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

今年のドル円は意外と大きく動くでしょう

今度こそ三角持合いから抜け出せるだろうと、クリスマス休暇明けの相場に期待していたのですが、完全に肩透かしに終わりました。対EURでもドル安の流れになってきているので、ドル円でも下値を探る展開となると思われます。その際の目安は、昨年11月に付けた110.85です。その次は上昇サポートラインのある109.60付近です。
この三角持合いの中での動きが続く限りは、あまり大きなトレンドは期待しないほうがいいでしょう。
ただし、昨年のドル円の年間レンジは過去25年間で3番目に狭いものでした。しかも、2年連続で狭いレンジが続いたのは2011-2012年の1回だけですから、今年はある程度の値動きは期待できそうです。

ユーロドル の今週の見通し ( EURUSD )

ユーロドル は1.21台に乗せると、一気に1.25を試しに行くでしょう

ユーロドルは予想通り、三角持合いのレジスタンスだった1.1950を上抜けしたのち、昨年9月以来の1.20台で年を越しました。
下の週足チャートでも明らかなように、1.21台は2014年以来の高い相場水準です。当然ショート・スウクイーズも入り、1.24/1.25を試すのは時間の問題と思われます。

fx

先週のユーロ円はスカッとしたフォロースルーではなかったものの、135円台まで上げて年を越しました。下のチャートは週足ですが、先週指摘したように137.00, 139.00が当面の目標です。対ドルでもEURが1.21台に乗せれば、相乗効果でさらに上昇すると思います。年初のおススメ通貨はEURJPYです。

fx

ユーロポンドも下降レジスタンス・ラインを上抜けしています。しかしながら、まったくと言っていいほどフォロースルーはありません。0.8895がこの1か月間のレジスタンスですので、0.89台に乗せれば、勢いがつくと思います。繰り返しになりますが、EURUSDが1.21台に乗せる時に、同じタイミングで抜ける可能性もあります。当面は対ドルの動きをメインに注目したほうがいいでしょう。

FX

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドの三角持合いレンジは1.3220-1.3520

ポンドドルの日足チャートは三角持合いから上抜けしたと思いましたが、トレンドラインの下で年を越しました。したがって、まだ買い向かっていくには時期尚早です。また、EURGBPが上昇するのであれば、当然GBPは売られるので、急騰する可能性はあまりないでしょう。
しばらくはEURの動きを中心に見たほうがいいでしょう。

fx

ポンド円は予想通り緩やかな上昇チャネル内で動いています。
対ドルの動きもパッとしないこともあり、対円でも同様です。一昨年のBrexit以降 大きな動きが続いてきたので、当面は動意が薄い状況が続くと思います。

やはりEURの方が今年の相場としての注目度はとても高いと思います。

fx