今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

総選挙の前に執筆したコメントですので、選挙結果次第では大幅に見方を変更する必要があるかもしれませんので、ご承知おきください。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

ドル円はレンジの上限の114.50をトライするでしょう

先週のドル円は結局111.60を抜けられず、高値引けしました。下の日足チャートにあるように依然として111.60-114.50のレンジ内にとどまっています。トップにあるのは月足チャートです。今週は久しぶりに月足チャートを見てみたのですが、大きな三角持合いが出来ていることに気が付きました。今月のレンジは106.35-115.20になっており、月が変わるごとにレンジは狭くなっていきます。来月になるとレジスタンス・サイドは114.80付近に降りてきますので、気が付いた時にチェックしておきたいところです。もし上抜けした場合には126円を再トライどころか新値更新の可能性も出てきます。もちろん月足ですので、日々のトレードとは切り離して考えたほうがいいでしょう。
fx

ユーロドル の今週の見通し ( EURUSD )

ユーロドル は1.1660-1.1870の三角持合いを形成中です

基本的なスタンスとしてはまだまだEURに対して弱気の立場です。下の日足チャートにも示しましたが、右下がりのレジスタンス・ラインと1.1660の水平なサポート・ラインで三角持合いになっています。
もし、上値が抜けた場合には、再び1.21をトライすると思われるので、その時は弱気の立場は捨てようと思います。

先週のユーロ円は131.70が予想以上に固く、ドル円、ユーロドル、ユーロポンド共に堅調だったため、一番効率の良く上昇した通貨ペアになりました。下の日足チャートで示した上昇サポートラインが132.25付近まで上がってきていますので、このサポートラインの下にストップを置いて、ロングするのもいいでしょう。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドは上昇ウェッジ内での動きがしばらく続くでしょう

先週のポンド・ドルは比較的頭の重い展開でしたが、依然として下の日足チャートにあるように、少しずつレンジを狭めるウェッジを形成しているようです。レンジトレードが得意な方は絶好のチャンスです。

fx

次にポンド円ですが、148円割れが異常に固く、やはり高値で週を終えました。ドル円が底堅いこととポンドドルがウェッジのサポート・ラインの近くにあることから、153円を試す可能性が出てきました。

fx

最後にユーロ・ポンドの日足チャートをご覧ください。この通貨ペアも先週はほぼ高値圏で引けています。0.8860が非常に固いサポートになっています。とは言え、1時間足のチャートでは0.9030付近はダブルトップいなっているだけでなく、0.9300-0.8740の下げの半値戻しのレベルでもあり、当面はこのレンジ内での動きになると思います。

fx