今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

トップチャートはドルインデックスの日足チャートです。今週はサポート・ラインを引き直してみました。個人的にはまだ下値リスクの方が大きいと思いますが、チャート上のサポート・ラインがきれいに下抜けするまではフレキシブルに見ていきたいと思います。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

今週のドル円は依然として110-112円のレンジ相場が続きそうです

先週のドル円は111.00を挟んで狭いレンジでの動きでした。一方で円クロスはそこそこの値幅があったので、当面は対ドル以外のペアに集中したほうがいいでしょう。110-112の外に出た時にもう一度チャートを見直してみてはいかがでしょうか。

fx

ユーロ の今週の見通し ( EUR 関連)

ユーロドルは1.1500の下にストップを置いてロング、1.1750がターゲット

先週のユーロドルは予想通りに、チャートのブレイク・ポイントへリトレースしてきました。1.1500の下にストップを置いてロングに行ってみました。目標は1.1740/50です。1.1500割れはストップだけでなくショートにしてもいいかもしれません。というのも、8月の初めに1.15を割れ込んだ時と同様の値動きが期待できるからです。その意味でも、このロング・ポジションと1.15割れのストップ・アンド・リバースの戦略のリスク・リウォードは高いと思います。。

fx

ユーロ円は127-131がレンジ

先週のユーロ円は時間とともにじり安傾向でした。円クロス全体に言えることですが、円高方向の流れができてきているように思えます。まだ明確なシグナルが出ていませんが、心にとどめておきたいと思います。とは言え、すぐにユーロ円が売り込まれるようなサインもないので、当面は127-131のレンジ内での動きとなるでしょう。

fx

ユーロポンドはまだ下げの余地あり

最近のユーロポンドは週初は上げ、半ばから下げを繰り返しています。金曜日に大きく値を下げたので、週明けは上げ相場で始まる可能性が大です。したがって、ショート・カバーで0.9000近くまでの戻しがあればショート・ポジションを作る絶好のチャンスになるでしょう。

fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドドルの1.2800-1.3050が当面のレンジ

先週のポンドドルはチャート・ポイントの1.2800までリトレースしたのち戻しています。まだ1.3050を上抜けするエネルギーはなさそうですが、1.36付近からの下降レジスタンス・ラインも1.30台後半まで下がってきているので、この2つのポイントを上値抜けした時はかなりシャープな上げになると思います。取りあえずロング・ポジションはキープしておきたいと思います。

fx

ポンド円のレンジは142.50-145.00

先週のポンド円は値幅は広いものの終わってみれば142.50-145.00の間での行って来いの相場でした。今週も同じレンジ内での動きになるでしょう。ポンドドルが1.2800を割れ込まない限りは、ポンド円も上げ相場が続くと考えていいと思います。

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。