今週の見通し(ドル円、ユーロドル、ポンド)

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。

トップチャートはドルインデックスの日足チャートです。先週はEURUSDが1.1500を上抜けしたこともあり、ドル円以外ではドルの全面安になりました。チャートでも明らかなようにウェッジの中に戻っています。少なくともサポート・サイドを試しに行くでしょう。それが切れれば93台までの下落は短期間で起きると思います。

ドル円 : 今週の見通し ( USDJPY )

今週のドル円は112円トライ

先週のドル円は予想どおり底値をトライしましたが。109円台をタッチして大きく反発しました。下の日足チャートに引いてみましたが、下降レジスタンス・ラインを上抜けしています。ドルインデックスが下げに転じてはいますが、ドル円についてはドル高方向で見ておいた方がいいでしょう。円クロスの買いもドル円の下支えにもなります。ただし、1時間足チャートを見ると、月曜日に関しては若干の下げの可能性があります。うまくすれば110円台でロング・ポジションを仕込めるかもしれません。

fx

ユーロ の今週の見通し ( EUR 関連)

ユーロドルは1.1680が最初の目標

先週のユーロドルは1.1500を超えたところで、ロング・ポジションに転換したので、とりあえずはまずまずの成績でした。1.15台の上で市場がいる限りは、以前のように1.15台は買いのレベルと考えていいでしょう。最初の目標は下降レジスタンス・ラインのある1.1680付近です。すでにかなり接近していますが、これを上抜けすると7月のレンジ相場のときのレジスタンスだった1.1750が次の目標です。

fx

ユーロ円は131.25が上値の目標

ユーロ円もユーロドルと同様に127円のレジスタンスを上抜けした後大きく上昇しました。下の日足チャートに引いた下降レジスタンス・ラインは現在131.25付近にあります。ユーロドルもかなり強い上げトレンドになっているので、ユーロ円の上げも強くなるでしょう。ただ、131円から上は昨年後半からのもみ合い圏があるので、中期的な上げ相場になる可能性はあまり高くはないのではないでしょうか。

fx

ユーロポンドは依然としてじり高

ユーロポンドは何のことはない、ただじりじりと上昇しているだけのようです。下の2番目のチャートは週足ですが、0.9250までの上げはあってもおかしくはありませんが、3番目の月足チャートで見るとここから上の水準はレジスタンス・ゾーンになっているので、深追いは禁物です。

fx fx fx

ポンドの 今週の見通し ( GBP 関連)

ポンドドルの最初の目標は1.3015です

先週のポンドドルもユーロドルと同様にレジスタンス・ラインを上抜けして大きく値を上げました。当面はショートカバーでどこまで上げられるかという問題ですが、とりあえず、下げてくるときのポイントだった1.3015付近になるでしょう。その次が下の日足チャートに引いた下降レジスタンス・ラインのある1.3150です。

fx

ポンド円は再び下降ウェッジの中に

先週のポンド円も他の主な通貨ペアと同様にショートカバーで一気に値を戻しました。そして年初から形成している大きな下降ウェッジの中に戻っています。ということは、そのウェッジのレジスタンス・ラインを試しに行くということがセオリーですから、中期的に見ると148円台になります。とは言え、そこまで一気に上げることはないと思います。直近のレジデンスは145.00付近でしょう。

fx

今週の見通しの一覧はこちらからご覧になれます。

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコ円の今週の見通しはこちらをクリックしてください。