USDJPY 踏ん張れるか?


USDJPYは踏ん張れるか?

ドル円は昨日、米国経済指標により上昇するもすぐに上昇分を吐き出す動きとなり、雇用統計前の水準まで押し込まれる動きとなっています。

ただし、直近の下落要因が北朝鮮情勢の悪化によるリスク回避の円買いということを考えると短期的な下落となる可能性も十分に考えられそうです。

仮に反発するような動きなった場合に111.00付近をしっかりと上抜ける動きとなると逆ヘッド&ショルダーを形成し、大きな反発への期待が高まりそうな気配となっています。

逆にサポートとなっていた109.85付近を割り込むような動きとなるとストップ売りを絡め下落が勢い付く可能性があるため、下値を探る動きとなった場合にも警戒したいです。

EURJPYは下抜け・・・。

昨日注目したEURJPYは筆者の上抜け期待に反し、保ち合いを下抜ける動きとなり、下落が加速しています。

eurjpy

その他の気になるチャート

GBPJPY

ポンド円の4時間足を見ると、ユーロドル同様に下落基調が続いています。大きなダブルトップと考えると140台も視野に入れた下値余地が広がっているように見えます。

GBPJPY

AUDUSD

豪ドルの4時間足を見ると0.788付近がサポートとなり、踏ん張っている感があるが、割り込んでしまうとヘッド&ショルダーに近い形ということもあり、下落が勢い付きそうな気配がしています。

AUDUSD