Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)


インジケーター概要

ストキャスティクスは一定期間内の値動きの中で現在どの水準にいるのかを1から100の数値で示したインジケーターです。

ストキャスティクスは現在の水準を示した%Kと呼ばれる数値とその%Kを移動平均化し均した数字となる%Dと呼ばれる数値を用いて分析します。

ストキャスティクスには純粋に現在の価格の水準を算出した数字を%Kとして計算する「ファースト」と呼ばれるものと、純粋な%Kを移動平均化したもの(ファーストの%D)を%Kとして扱い、それをさらに移動平均化したものを%Dとして扱う「スロー」と呼ばれる2種類のものが存在します。

どちらが良いというものではなく、「ファースト」は反応が早い反面でダマシが多くなるといったデメリットがあるのに対し、「スロー」は反応が鈍くなる反面でダマシは軽減するというメリットがあります。

Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)の見方

ストキャスティクスの一般的な売買サインは20を下回る低い水準で%Kが%D上抜ける動きとなると買い、80を上回る高い水準で%Kが%Dを下抜ける動きとなると売りとされています。

つまり、下押しが一段落したところでの反発や上昇が一服したところでの反落を狙うインジケーターです。

レンジ推移が続く場面で反転のタイミングを掴むのに適しているほか、トレンドが発生している場面では、大きな流れを把握しながら流れの方向へ向かったエントリーのタイミングを探るという使い方をするとより効果的に使うことができます。

ダイバージェンスにも注目

ストキャスティクスは一定期間の値動きの現在の水準を示すインジケーターであるため、現在の価格の強弱を示すインジケーターと考えることができます。

そのため、価格が下落基調にある場合にストキャスティクスが上昇するような状況つまりダイバージェンス(逆行現象)が発生しているような場合には下落の力が弱まってきていると考えることができます。

そのため、反発に警戒しなければならない状況となります。

価格が上昇基調にある場合にストキャスティクスが低下傾向にある場合も同様です。

利益の出ているポジションがある場合は利益確定を検討し、反転を狙ったトレードのエントリーポイントを探ることを検討します。

ダイバージェンスを探すときはストキャスティクスの設定はデフォルトの5などの短い期間で設定するよりも少し長めの期間とし、均した期間の方が見やすいかもしれません。

Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)の設定

一般的な見方

ストキャスティクスの設定画面は次のようになります。

設定項目は%Kを算出するための期間、%Dを算出するための移動平均期間、スローイングは1とすると「ファースト」のストキャスティクスとなり、3とすると一般的な「スロー」のストキャスティクスになります。

好みにもよりますが、「ファースト」では少し過敏に反応してしまうというデメリットがあるため、「スロー」の方がエントリーポイントを探るのには適していると思います。

%Kの期間は5がデフォルトとなっていますが、9や14などの少し長い期間で設定する人も多いです。

まとめ

ストキャスティクスは一定期間の値動きの中で現在どの水準にいるのかを示すインジケーターです。

ストキャスティクスは「ファースト」と「ファースト」を移動平均化し、少し滑らかな動きにした「スロー」があります。

ストキャスティクスの一般的な売買サインは20を下またったところで%Kが%Dを上抜ける動きとなった場合に買い、80を下回ったところで%Kが%Dを下抜ける動きとなった場合に売りとなります。