量的緩和政策


中央銀行が市中の国債等の金融資産を購入し、市中に出回る資金量を増やす政策のこと。政策金利を下げても効果がない場合にとられる。