RSIでFX相場の過熱感をチェック! FX初心者向けテクニカル分析入門第7回

RSI

RSIでFX相場の過熱感をチェック! FX初心者向けテクニカル分析入門第7回

ガルベス
おい、眉毛!

テクニカル指標ってのは、いったい何個あるんだ??

眉毛先生
ん、知らねぇよ。

探せばいくらでもあるんじゃねぇか?

お前の使ってるチャートで見れるのだけでも数十個あるだろ・・・。

ガルベス
ひょっとして、これ全部覚えなきゃならないのか???

眉毛先生
そんなことはない。

自分にあったのを多くても2〜3個くらいに絞って分析すれば十分だよ

人によって好みがあるから、どれが一番いいかはわからないけどな。

ガルベス
そっか。自分にあったのを使うんだな。

まだちょっとしか知らないから、どれが自分にあっているかもわからない。だから俺は勝てないんだな・・・。

眉毛先生
たくさん知ってれば勝てるってもんじゃないけど、いくつか有名なテクニカル指標を試してみるといいと思うぞ。

お気に入りが見るかるかも。

RSIって何だ?

ガルベス
そうだよな。

このRSIってのは有名なのか??

眉毛先生
おお、RSIは有名なテクニカル指標だよ。

アメリカのJ.W.ワイルダーって人が考案したインジケーターで相場の過熱感を見るテクニカル指標なんだよ。

テクニカル指標は大きく分けるとトレンド系といってトレンドの発生を探すタイプのものとオシレーター系といって相場の過熱感を探るタイプの2種類に分けられるんだよ。

これはそのオシレーター系といわれるタイプのテクニカル指標なんだよ。

RSIの基本的な見方

ガルベス
へぇー。

でどうやって見るんだ?

眉毛先生

RSIってのは下のチャートみたいにチャートの下に表示させるタイプのテクニカル指標なんだよ。

0から100までの数値で買われ過ぎ、売られ過ぎを線グラフで示しているんだ。

一般的に30を下回ると売られ過ぎ70を上回ると買われ過ぎと判断されるんだ。

RSI1

このチャートでは30を下回った後に反発して、70を超えたところで反落するような動きになっているだろ。

ガルベス
おお、なんかすげぇな。

これ使えば、反転のポイントがバッチリってわけだな。

眉毛先生

それが、そうでもないんだ。

上のドル円みたいにレンジ内での推移が続くような相場の場合はうまく機能するんだけど、トレンドが発生して相場が一方向へ動くような相場となった場合には効果があまりないんだよ。

下のユーロドルの日足チャートでは上昇トレンドが発生しているんだけど、70を超える動きになってもその後、ほとんど下押す動きにはならずに、上昇が続いているだろ?

RSI2
ガルベス
ホントだ・・・。

ダマシってやつだな。

眉毛先生

そうなんだよ。だから、単純に70を超えたら売り、30を割ったら買いとやれば勝てるというわけではないんだ。

単純に70と30の水準を使うのであれば、利益を確定する場面なんかで使うのがいいと思うぞ。

一旦利益を確定して、次の押し目を狙うような場合に結構使えるぞ。

ガルベス
なるほど。

利益確定の場面であれば、反転したら、ラッキー!

反転しなかったら、残念だけど利益は確定できるし、次の押し目を狙っていけばいいってことだな。

眉毛先生
そうそう。反転しない場合はトレンドの発生している可能性が高まっている場面だからね。押し目、戻りを狙って攻めていくといいと思う。

RSIもダイバージェンスに注目!?

眉毛先生
ところでガルベス、MACDのところでやったダイバージェンスって覚えているか?
ガルベス
だいばーじぇんす???

お、おう・・。お・覚えてるかも・・・。

眉毛先生
忘れてやがるな・・・。

まあ、最近いろいろ覚えること多いみたいだから、許してやるよ。

ダイバージェンスってのは逆行現象って意味なんだ。

FXのテクニカル分析で使う場合はテクニカル指標の動きと価格の動きが逆行している状態のことを指すんだよ。

ガルベス
ああ、なんか思い出してきたぞ!

MACDのヒストグラムのやつだな。

眉毛先生
そうそう。それ。

RSIの場合も価格が高値を更新するような動きになっているのに、RSIが高値を更新できない動きになっている場合や価格が安値を更新しているのにRSIが安値を更新できないような場面があるんだよ。

そういうときは上昇基調が弱まってきていることや下落基調が弱まってきているから、その後、相場全体で利益確定の動きが強まって、相場が反転することが多いんだ。

ガルベスが買いのポジションを持っていて、上昇の力が弱まってきたと感じた場合、どうする?

ガルベス
利食う、だな。

 

眉毛先生
そうなんだ。

みんなそう考えるんだ。

だからダイバージェンスが発生してトレンドの力が弱まってきている場合は、相場が反転する可能性が高い状態といえるんだよ。

下のドル円のチャートを見てごらん。

価格が安値を更新するような動きとなってるのに、RSIが安値を更新できずに上昇していくような動きになった後に、ドル円が上昇してるだろ。

その後は価格は高値を更新するような動きになってるのにRSIは下がっていくような動きになっていてその後下落基調が強まってきてる。

RSI3

下のユーロドルのチャートでもダイバージェンスが発生してるぞ。

価格が上昇基調で高値を更新する動きになっているのに、RSIは低下基調となっていて、その後、上値が詰まる状態が続いている。今後、下げるかどうかはまだわからないけれど、下値を探る動きになる可能性は十分にあると思う。

RSI4

 

ピンポォーン

ガルベス
誰だ??
Jack
おう、ガルベス、元気か?
ガルベス
おう、ジジイじゃねぇかよ。

今日は最初から酔っ払ってんじゃねぇか・・・?

Jack
酔ってねぇよ!
ガルベス
嘘つけ!

加藤茶くらい分かりやすい酔っ払いヅラじゃねぇかよ!

眉毛先生
今日はジャックさんは甥っ子さんの結婚式だったんだよ。
Jack
そうだよ!

ところで眉毛、お前はいつ結婚すんだ??

眉毛先生
そ、それは・・・。
ガルベス
それより、ジジイ、RSIの使い方知ってるか?

今、習ってたんだけどよ。

Jack
ほう、どこまで習った?
ガルベス
基本的な見方とダイバージェンス。
Jack
なるほどな。

じゃ、RSIの数値でのフォーメーション分析なんかは習ったかい?

ガルベス
なんだ、それ?
Jack
こないだ、フォーメーション分析ってのをやったよな?

それがRSI上で発生していないかどうかに注目するんだよ。

RSIは価格の強弱を示したものだから、強弱の均衡がくずれたところでは相場が勢いづくことがあるんだ。

ほら、このチャートを見てごらん。

RSIでダブルボトムが発生して相場が勢いづいているだろ。

ダマシに終わることも多いけど、注目してみると面白いと思うぞ。

あと、サポートライン、レジスタンスラインをRSIに引いてみると、その水準を割り込んだ後、相場が割り込んだ方向に進んでいくということもよくあるのでチェックしてみなさい。

とくに50付近がサポートになったり、レジスタンスになっている場合などはその水準を抜けるとトレンドが変わることがよくあるぞ。

ほら、こんな感じ。RSIが50の少し下のところがサポートになって踏ん張っていたけれど、それを割り込んできて下落が勢いづいたじゃろ・・・・。

ガルベス
なるほどなRSIにもサポートやレジスタンスがあるんだな。
Jack
そういうことじゃ・・・。ムニャ、ムニャ・・・。
ガルベス
うわぁ、やっぱ今日も寝やがった・・・。
眉毛先生
まあ、そうなるよな。

じゃ、最後にRSIについてまとめよう。

  • RSIは70を上抜けると買われ過ぎ、30を割り込むと売られ過ぎを示すテクニカル指標。ただし、トレンドが発生した場合はうまく機能しないこともある。
  •  MACD同様ダイバージェンスに注目すると相場の反転ポイントを狙える。
  • RSIの数値を使ったフォーメーション分析やサポートライン、レジスタンスラインを使った分析も有効

ってことだ。

ガルベス
おう!完璧だ!

ジジイが寝ちまったので、今日はここまでにして、散歩に行くぞ!