Pips


値動きの最小単位のこと。「ぴっぷす」と読む。
インターバンク市場ではかつてドル円、クロス円などは小数点以下2桁目(1銭)、EURUSDやGBPUSDは小数点以下4桁目が最小単位でああったため、この最小単位を1Pipという。pipの複数形がpips。
現在、FX業界では対円では下3桁、その他の通貨は下5桁が最小単位となっており、0.1pip単位で表示され、この単位のことはPipette(ピペット)と呼ぶ。