MT4の注文方法

MT4の注文方法

注文パネルからの注文方法

MT4の基本的な注文方法は注文パネルからの注文になります。

注文パネルからは現在の価格で約定させる成行注文と価格を指定した指値/逆指値注文を行うことができます。

注文パネルの出し方

注文パネルを出す方法はいくつかあります。いずれかの方法で新規注文画面を表示させます。

①気配値表示ウィンドウのレートの部分をクリックすると表示されます。

②チャート上で右クリックし、「新規注文」をクリックすると表示されます。

③ツールバーの新規注文ボタンを押しても新規注文画面が出現します。

注文画面からの発注

新規の注文

①成行注文

成行注文を行う場合の設定項目は次の通りです。

通貨ペア:取引する通貨ペアを選択します。

数量:取引数量を入力します。※MT4では1.00が10万通貨となります。1万通貨の場合は0.10となります。

決済逆指値(S/L):任意でストップ注文の価格を入力します。

決済指値(T/P):任意で利益確定のテイクプロフィット注文の価格を入力します。

コメント:任意にコメントを入力することができます。取引履歴のところに入力したコメントを確認することができます。

注文種別:成行注文の場合は成行注文を選択します。

これらを設定後、タイミングを見ながら「成行売り」または「成行買い」ボタンを押すと注文を発注します。

②指値/逆指値注文

価格を指定して注文を出す場合は注文種別で「指値または逆指値を選択します。

指値/逆指値注文を選択した場合は注文画面の下部の指値または逆指値注文内の「注文種別」で注文の内容を次の中から選択します。

Buy Limit:買いの指値注文を行う場合に選択します。現在の価格よりも低い価格を指定して買う場合の注文です。

Buy Stop:買いの逆指値注文を行う場合に選択します。現在の価格よりも高い価格を指定して買う場合の注文です。

Sell Limit:売りの指値注文を行う場合に選択します。現在の価格よりも高い価格を指定して売る場合の注文です。

Sell Stop:売りの逆指値注文を行う場合に選択します。現在の価格よりも安い価格を指定して売る場合の注文です。

注文の変更方法

①チャート上からの変更、注文の追加

指値/逆指値の注文はチャート上から変更することができます。また、保有中のポジションに対する決済指値/逆指値注文の追加も簡単にチャート上で行うことができます。

チャート上には保有中のポジション、発注している未約定の指値/逆指値注文がラインで表示されます。

未約定の指値/逆指値注文はチャート上でそのラインをドラッグすると注文を変更することができます。

また、チャート上から決済の指値/逆指値注文を発注することができます。

チャート上でポジションのラインをドラッグすると・・・

利益確定の決済指値注文が発注されます。(ワンクリック注文が可能な状態に設定しておく必要があります。)

②ターミナルからの変更

未約定の指値/逆指値や保有中のポジションの決済指値/逆指値注文はターミナルから修正画面を表示させ、修正することができます。

決済方法

保有中のポジションを決済する場合はターミナルの保有ポジションの右側にある×ボタンを押すと決済画面が出現し決済することができます。

※ワンクリック注文が可の場合は×ボタンを押した時点で決済されます。

ワンクリック注文

ワンクリック注文の設定

ワンクリック注文を行うための設定は次の通りです。

①メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択し、ワンクリック取引のチェックボックスにチェックを入れます。

スクリーンショット 2017-07-16 1.16.20

②ワンクリック取引の免責事項が出てくるので利用規約に同意しますにチェックを入れ、OKボタンを押します。

スクリーンショット 2017-07-15 1.58.02

③チャート上で右クリックし、ワンクリックトレードを選択し、ワンクリックパネルをチャート上に表示します。

スクリーンショット 2017-07-15 1.53.15

MT4のワンクリック注文を使う際の注意事項

注文と同時にストップ注文や利益確定注文を出すことができません。そのため、ストップ注文などは別途注文を出す必要があります。

反対売買をしても決済はされず、両建ての状態となります。(両建て不可のFX会社の場合は決済されます)