MT4の基本構造

MT4の基本構造

全体図

MT4を起動させると次の画像ような画面が表示されます。

初期設定では画像のように5つの部分に分けられます。部分ごとにご案内していきます。

①ツールバー

MT4でよく使われる機能をボタンで表示しています。このボタンを押すことでそれらの機能を簡単に使うことができます。

ツールバーで操作できる主な機能としては新規チャートの追加、各種ウィンドウの表示/非表示、新規注文、自動売買機能のON/OFF、チャートの各種設定、描画するラインの選択などです。

視覚的にわかりやすいものが多いほか、各ボタンにマウスオーバーすることで機能が表示されるため初めてMT4を操作される方でも快適に使い始めることができます。

②気配値表示

各通貨ペアのレートが表示されます。リアルタイムレートのほか、スプレッドや当日の高値、安値などの表示も可能です。

各通貨ペアの価格の部分をダブルクリックすると新規注文パネルが表示されるほか、チャート上に各通貨ペアをドラッグ&ドロップすると通貨ペアの切り替えを行えるほか、チャートエリアのチャートの無い部分にドラッグするとその通貨ペアの新規チャートが表示されます。

③ナビゲーター

ナビゲーターでは口座の選択、インジケーターやEAの管理、スクリプトの管理を行います。

複数口座を一つのMT4で稼働させている場合はここで口座の切り替えを行うことができます。

インジケーターを表示させりEAを稼働させたい場合は対象となるチャートを選択した状態でナビゲーター内のインジケーターやEAをダブルクリックするかチャート上にドラッグ&ドロップし、設定項目を設定するとそのチャート上で表示、稼働します。

④チャートエリア

チャートエリアはその名の通りチャートを表示させることのできるエリアです。

表示させることのできるチャートの枚数に制限はありませんが、表示する枚数が増えれば増えるほどパソコンへの負担は大きくなるため、あまり出し過ぎても動作を不安定にするため、パソコンのスペックにもよりますが、10枚程度までに押さえておいた方が無難だと思います。

⑤ターミナル

ターミナルでは保有中のポジションや注文中の注文を管理することができるほか、口座情報、注文履歴の確認、アラームの設定やライブラリからインジケーターのダウンロードなどを行うことができます。

ターミナルからポジションの決済、注文の変更なども可能になっています。

エキスパートアドバイザ

エキスパートアドバイザは初期設定では表示されていませんが、メニューバーの「表示」やツールバーから選択すると表示することができます。

このエキスパートアドバイザではEAのバックテストや最適化などを行うことができます。自動売買プログラムを稼働させる前には、必ずこのバックテストを行うことをオススメします。

データウィンドウ

データウィンドウもデフォルトでは表示されていないウィンドウになります。

メニューバーやツールバーから表示させることができます。カーソルを併せたローソク足の4本値やインジケーターお数値などをチェックすることができます。