MT4のMACDをラインで表示する方法


MT4のMACDをラインで表示する方法

MT4でデフォルトのMACDを表示させるとMACDがヒストグラム(棒グラフ)表示されてしまいます。

このままでも良いのですが、MACD、シグナルがライン(曲線)となっているMACDを見慣れている方は少し違和感を感じてしまうと思います。

macd-mt4-1

プログラムを少し書き換えるとライン表示に変更可能

このMT4の歯がゆいMACDですが、プログラムを少し書き換えるだけで簡単にライン表示に切り替えることができるということをご存知でしょうか?

プログラムと聞くと「難しそう」というイメージですが、MACDの表示の変更に関してはプログラムに慣れていない方でも簡単に行うことができます。

MT4の中にはデフォルトで2つのMACDが入っています。

「ナビゲーター」ウィンドウで見ると、「オシレーター」の部分と「Examples」の下の部分の2つあるのが確認できると思います。

今回は、このうち「Examples」の下の部分にあるMACDを修正する方法をご案内いたします。

プログラムの修正方法は次の通りです。

①MACDのプログラムファイルをメタエディタで開く

ナビゲーターの「Example」の下の部分にあるMACD上で右クリックし、修正を選択します。

macd-mt4-2

すると、メタエディタでMACDのプログラムをメタエディタで開くことができます。

②プログラムを書き換える

プログラムを書き換える場所は1箇所です。

上から36行目の部分の「HISTOGRAM」を「LINE」に書き換えます。

SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM)

SetIndexStyle(0,DRAW_LINE)

 

macd-mt4-3

変更が完了したら上書き保存をして「×」ボタンで閉じます。

macd-mt4-4

③MT4を再起動

プログラムの書き換えが終了したら、MT4を再起動します。

チャート上にMACDを表示させるとラインでの表示になります。

macd-mt4-5

ラインの色や太さはチャート上で右クリックし表示中のインジケーターやMACD上でダブルクリックで表示されるインジケーターのプロパティで調整できます。

macd-mt4-6

ラインの色、太さが変更されました。

macd-mt4-7