Moving Average of Oscillator(OsMA)


インジケーター概要

Moving Average of Oscillator(OsMA)はMACDの数値を使用して分析するインジケーターです。

MACDのMACDの数値とシグナルの数値の差を棒グラフで示し、相場の強弱を判断します。つまり、MACDの勢いを観察することで相場の方向感を探るツールです。

Moving Average of Oscillator(OsMA)の見方

Moving Average of OscillatorはMACDとシグナルの差となるため、0を基準に相場の状況を判断することができます。

0を上回っている場合はMACDがシグナルの上にいる状況ということで、MACDの上昇基調が強まっている状況と考えられ、価格も下落基調に一服感が出てきた、または上昇基調が強まってきている状況と判断することができます。

逆に0を下回っている状況はMACDがシグナルの下にいる状況ということでMACDが低下傾向にあるということができます。そのため、価格も上昇基調が一服感が出てきた、または下落基調が強まっていると判断することができます。

Moving Average of Oscillator(OsMA)の設定方法

Moving Average of Oscillator(OsMA)はMACDの数値を使用するため、MACDと設定項目が同じになります。

設定項目は短期のEMAの期間と長期のEMAの期間、シグナルを算出するための移動平均の期間、適用価格となります。

基本的にデフォルトの設定となる短期のEMAの期間を12、長期の EMAの期間を26、シグナルの期間を9、適用価格はClose(終値)で設定します。

興味のある方はその他の数値を試してみると新たな発見があるかもしれません。

まとめ

Moving Average of Oscillator(OsMA)はMACDのMACDとシグナルの差になります。

0よりも上であればMACDがシグナルを上抜ける状況となっており、下落基調に一服感が強まってきたと判断することができます。0を下回ってきた場合は上昇基調に一服感が出てきている状況となります。