金融政策


各国の中央銀行等の金融当局が経済成長や物価の安定などの目的を達成するために行う政策のこと。
政策金利、国債などの資産の購入や売却(買いオペ、あるいは売りオペ)による通貨供給量、預金準備率などを調整する方法がある。