市場介入


為替相場の急変に際し、相場を安定させる目的で各国の金融当局が為替市場で売買を行うこと。
日本では中央銀行である日本銀行が財務省の指示により行い、正式には「外国為替平衡操作」と呼ばれる。
ただし、外国為替市場の総取引高に比べ、実際の市場介入に使われる金額は小さいため、短期的な影響はあるものの大きなトレンドを変えるほどの効果はない。