インジケーターの表示方法

デフォルトのインジケーターの表示方法

MT4はデフォルトで数十種類のインジケーターがすでに標準装備されています。

これらのインジケーターだけでも十分な相場分析を行うことが可能です。

インジケーターの表示方法は複数ありますが一番簡単で一般的な方法であるナビゲーターからの設定をご紹介いたします。

ナビゲーターウィンドウには使用することのできるインジケーターの一覧が表示されます。

その中から表示させたいインジケーターを選び、チャート上にドラッグ&ドロップするとインジケーターの設定画面が表示されます。

インジケーターの設定

設定画面では各インジケーターのパラメーター等の設定を行います。

「レベル表示」タブではチャートの下部に表示するインジケーターに水平線を引くとができます。

「表示選択」タブでは一定の時間軸のチャートにのみそのインジケーターを表示させるような設定を行うことができます。

一通り設定し、「OK]ボタンを押すとインジケーターが表示されます。

ライブラリからのインジケーターの表示方法

MT4ではデフォルトで用意されているインジケーター以外のインジケーターも表示することができます。

メタクォーツ社のWebサイトでも多くのインジケーターが紹介されています。そのインジケーターはMT4の「ターミナル」のライブラリからダウンロード、インストールすることが可能です。

外部で取得したインジケーターの表示方法

インターネット上では無料のものから有料のものまで複数のMT4用のインジケーターを入手することができます。

インジケーターを表示することができるファイルは「ex4ファイル」と「mq4ファイル」という2種類のファイル形式があります。

いずれのファイルもMT4で使用することができます。ファイルの違いは「mq4ファイル」がプログラムの内容を確認することができるファイルであるのに対し「ex4ファイル」はプログラムの内容が確認できないタイプのファイルとなります。

入手したファイルは次の手順でMT4内にインストールします。

①メニューバーのファイルから「データフォルダを開く」を選択します。

②MQL4フォルダを開きます。

③Indicators フォルダを開きます。

④Indicatorsフォルダの中に、「ex4ファイル」または「mq4ファイル」をコピーし、貼り付けます。

⑤ファイルを設置後、MT4を再起動します。再起動するとMT4のナビゲーター内に新たなインジケーターが表示されます。

※インジケーターによっては「ライブラリ」フォルダにDLLファイルを貼り付ける必要があるものや、開発者によりインストーラーが用意されているものもありますので提供元の取扱説明書等をご参照ください