Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)


インジケーター概要

一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)は日本の株式評論家であった細田悟一氏が一目山人というペンネームで発表した日本発のチャートです。

世界でも「Ichimoku」の名で知れ渡っており、愛好家も多数存在するようです。

値動きの均衡に注目しているほか、「時間」に注目しているのが他のインジケーターとの違いとなります。

また、一目均衡表の理論として時間論、波動論、値幅観測論の3つから構成されており、研究してみると奥が深いものとなり、習得までに多くの時間を費やすといわれています。

一目均衡表は次のように転換線、基準線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2の5本のラインで構成されています。

 

※MT4のデフォルトの一目均衡表では、先行スパンが1本後ろにズレ、遅行スパンは1本前にズレているため注意が必要です。

一目均衡表の各ラインの計算式、記入方法は次の通りです。

転換線=(過去9日間における最高値+最安値)÷2

基準線=(過去26日間における最高値+最安値)÷2

先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を当日を含めた26日先に記入

先行スパン2={(過去52日間における最高値+同最安値)÷2}を当日を含めた26日先に記入

遅行スパン=(本日の終値)を当日を含めた26日前に記入

先行スパン1と先行スパン2の間の部分は抵抗体(一般的には雲)と呼ばれています。

一目均衡表の基本的な見方

三役

一目均衡表の基本的な見方で代表的なものが三役と呼ばれるものになります。

簡単に言えば3つの相場の状況を判断する基準があるというものです。

①転換線と基準線の関係

転換線が基準線を上回る状況は買い気配が強い状況と考えられます。

基準線が過去26本分の高値と安値を基準に算出されているのに対し、転換線は9本分と比較的短期の高値と安値を基準に算出されています。

その短期の線である転換線が長期の基準線を上抜けている状態というのは短期の移動平均線と長期の移動平均線の関係と同じく、短期的に買い気配が強まってきていることを示しており、買いのサインとされます。

反対に、転換線が基準線を下抜ける動きとなった場合は短期的に売り気配が強まってきたことを示しており、売りのサインとされています。

②雲と価格の関係

先行スパン1と先行スパン2の間の部分を雲と呼びますが、これらの数字は過去の基準線、転換線や高値、安値を基に算出されており、価格が膠着しそうな水準を示しています。

そのため雲の中に価格が滞在する状態の場面では方向感が読みにくくなることがあります。また、雲を上抜けるとその膠着しそうなゾーンを抜けたということで上昇基調が強まる可能性が高まり買いサインとされます。

また、雲の上辺がサポートになったり、雲の下辺がレジスタンスになることが少なくありません。

逆に雲を下抜けるような動きとなると下落基調が強まる可能性が高まり、売りサインとされます。

③遅行線と過去の価格の関係

遅行線は現在の価格を後ろにスライドさせただけのものになりますが、その水準が過去の価格を上抜けるような動きとなった場合は買い気配が強い状態と考えられます。

逆に遅行線が過去の価格を下抜けるような動きとなった場合には売り気配の強い状態と考えられます。

三役好転・三役逆転

これらの3つの関係を3役と呼びます。

この3役がすべて買いサインを出しているときは三役好転と呼ばれ、強い買いサインとされます。

逆にすべてが売りサインとなっている場合は三役逆転と呼ばれ、強い売りサインとされます。

一目均衡表のパラメーター

一目均衡表のパラメーターは9、26、52がデフォルトとなっています。

一目均衡表の考え方ではこれらの数字が重要とされているため、このままの数値でも良いのですが、海外を中心に異なる考え方もあります。

それはこの一目均衡表が考案されたときは株式市場が週6日動いている時代であり、現在の週5日の相場では多少パラメーターを調整する必要があるのではというものです。

海外でよく用いられるのが、7、22、44というパラメーターです。

興味のある方は試してみると面白いかもしれません。

まとめ

 

基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2という5本の線にて構成され、先行スパン1と先行スパン2の間は雲と呼ばれます。

基本的には3役(転換線と基準線の関係、雲と価格の関係、遅行線と過去の価格の関係)に注目する。

3役が全て買いサインであれば強い買いサイン、3役が全て売りサインであれば強い売りサインとなります