G7


Group of Sevenの略。日本語では「先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議」という。米国、日本、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダの財務相と中央銀行の総裁で構成される。
経済や為替に関しての政策協調などについて協議されるため、その内容が為替相場に大きな影響を与えることがしばしばあり注目される。