失敗の処理を失敗しない FXに役立つ相場格言


失敗の処理を失敗しないとは?

FX取引を行なっていると失敗してしまうことは多々あります。

失敗はつきものと言っても過言ではありません。

これは誰にでも起こり得ることですが、売買判断を間違えると言うのも失敗の一つに挙げられます。

もちろん、相場上級者でも売買判断を間違えるという事はあります。むしろ失敗しないことはないと思います。

相場上手の人と相場下手な人の違いは、その後の失敗の処理に顕著に現れます。

相場上手の人は失敗の処理が上手です。自分の定めた損切りラインで躊躇なく損切りを行う事ができます。

一方で相場下手な人は損切りラインに達してもストップ注文をずらしたり、損切りを躊躇します。

たまには上手くいくこの方法も、あるとき悲劇を迎えます。

相場が不利に動き続け、損失が想定以上に拡大し、一度のトレードで取引口座の多くの資産を失ってしまいます。

つまり、失敗の処理に失敗してしまった状態です。

このような事態に陥ってしまわないようにも失敗の処理、つまり損切りの水準はエントリー前にしっかりと定め、その水準に達したら損失を確定するように心がけましょう。

エントリーに根拠があれば、それが覆る場合を想定すれば、自ずとストップの水準は浮かび上がってくると思います。