FOMC


Federal Open Market Committeeの略。日本語では「連邦公開市場委員会」といい、FRB議長、副議長、理事に加え、地区連銀の総裁で構成され、米国の金融政策の決定をする会合のこと。
年に8回開催され、金融政策の方針を決定する。
決議の投票権はFRB議長、副議長、理事、NY連銀総裁と他の連銀総裁のうち4人(1年ごとに交代の輪番制)が持つ。
年8回の会合のうち4回は開催後に議長の記者会見、メンバーの経済予測の発表が併せて行われ、相場に大きな影響を与えることもある。