FOMC、米国消費者物価指数などイベント盛りだくさん 2017年12月13日


FOMC、米国消費者物価指数などイベント盛りだくさん 2017年12月13日

ガルベス
おい、コラ、眉毛!

昨日の英国消費者物価指数はなんだ!?

お前の予想外れてんじゃねぇかよ!

眉毛先生
ああ、強かったな・・・。

しかもその後、ポンドは大暴れ・・・。

上がったと思えば下がるし、下がったと思えば上がるし・・・。

結局どっちなんだよ!って感じだったな・・・。

ガルベス
暴れん坊将軍だな・・・。

消費者物価指数が強かったらポンドが買われるんじゃなかったのかよ!

眉毛先生
ああ。

直前に情報が漏れてたのか、予想されてたのか、買いが強まってただろ・・・。

そいつらの利食いもあったし、それに加えてEU離脱絡みでネガティブな報道が入ってきたりで右往左往って感じだな。

トレンドも何もあったもんじゃない・・・。

ガルベス
ドル円もやる気ゼロだな・・・。

結局どっちだよ!って感じだな・・・。

眉毛先生
今日、FOMCと米国消費者物価指数があるから、様子見ムードが続いている感じだな・・・。

今日のイベント

ガルベス
なるほど。今日はイベント盛りだくさんか?

眉毛先生
おう。

今日と明日はイベント盛りだくさんだぞ。

今日はまず、欧州時間に英国の雇用統計の発表が予定されてるな。

英国の雇用統計は普段だと失業率失業保険申請件数が注目されるんだけど、最近では米国の雇用統計同様に賃金の上昇率が注目されているんだ。

BOEが賃金の上昇率に注目しているからね。

だから、昨日の消費者物価指数同様に注目度は高いと思うよ。

ガルベス
なるほど。

18:30だよな。

眉毛先生
そうそう。

あと今日は英国だと21時くらいからメイ首相の議会で質疑応答があるから、EU離脱に関しての何らかの材料が出てくる可能性もあるから、ポンドが不安定な動きになる可能性があるから気をつけよう。

ガルベス
そっか。

ポンドは今日も暴れるってことだな?

眉毛先生
おお、多分な。

ドルも熱いぞ・・・。

米国時間には米国の消費者物価指数が発表される。

深夜にFOMCの発表も予定されてるけど、もしかしたら、消費者物価指数の方が結果次第では大きく動く可能性もあるぞ。

冴えない結果になっちゃうと来年以降の利上げペースの鈍化が意識されてドル売りってシナリオも考えられる。

そして、今日のメインイベントのFOMCの発表だね。

0.25%の利上げは織り込み済みだから、利上げしたというだけではドルを買う材料にはならない。

市場の注目はメンバーの経済見通しに集まると思う。

なかでも金利予想に注目だね。

ドットチャートっていわれるやつ。

ちなみに前回(2017年9月)のがこれ。

真っ先に注目されるのが来年の利上げ回数だね。多分。

前回は1回0.25%として年3回の利上げを予想してるメンバーが一番多いんだけどこれよりも全体的に上方にドットがシフトしているようであれば、ドルが買われる可能性が高いと思う。

ガルベス
なんか視力検査みたいだな・・・。

今回は議長の記者会見はあるのか?

眉毛先生
ああ。

今回はイエレン議長の最後の記者会見だな。

もうすぐ辞めてしまう人だから、来年以降の金融政策に関する手がかりは出てこないと思うけど、無視はできないと思う。市場も無駄に反応する可能性もあるし。

ガルベス
あのオバちゃん、辞めちゃうのか・・・。

優しそうなオバちゃんだったのに・・・。

眉毛先生
イエレン議長は優秀なFRB議長だったと思う。

経済の見通しも正確だったし、市場との対話がうまかったと思う。

就任したての頃は、失言で市場を振り回したこともあったけど、市場をパニックに陥れずに何回も利上げできた。

ガルベス
なんで辞めちゃうんだ?
眉毛先生
オバマが選んだから、トランプは気にくわない。

それだけ。

ガルベス
なんだそれ!

子供か??

眉毛先生
いや、むしろ、大人の世界といった方が・・・。
ガルベス
なんか、ため息出るな・・・。

まあ、いいや、今日は英国消費者物価指数、米国消費者物価指数、FOMCに注意だな。

眉毛先生
おう。今日も頑張ろう。
ガルベス
押忍!今日もヨロシク!