英国の経済指標の注目ポイントは?FX初心者向けファンダメンタルズ分析第6回


英国の経済指標の注目ポイントは?FX初心者向けファンダメンタルズ分析第6回

ガルベス
おい、眉毛!

イギリスから荷物が届いてるぞ!

また何か買ったのか?

眉毛先生
おお、届いたか!

待ってたんだよ。

ほら!いいだろ!

英国靴をお取り寄せだよ。

ポンドが下がったタイミングを狙うと日本より安く買えるんだ。

あと、セールのシーズンなんかも安くなってたりするんだ。

ガルベス
そんなもん買ってないで、結婚相談所にでも登録したらどうだ??

それを履いて、一体どこに行くんだ?

眉毛先生
うるさい!

身だしなみはモテるためには必要だろ!

ガルベス
そんなこと言ってるからモテねぇんだよ・・・。

イギリスかぁ。ポンドだな。

そうそう。そういえば、こないだ夕方にポンド円がすごい勢いで跳ねたんだけど、なんだ?

経済指標か???

眉毛先生
ん〜。

いつのこと言ってるのかよくわからないけど、英国では日本時間の18時30分(英国夏時間は17時30分)に経済指標の発表が行われることが多いから多分それだな。

英国の経済指標は日本の経済指標に比べるとポンドが大きく動く傾向があるから、ポンドを取引する場合にはその時間は注意しなきゃいけない時間帯なんだ。

ただですら暴れん坊のポンドの値動きがさらに荒くなるんだ。

ガルベス
そうなのか・・・。

で、どんな経済指標があるんだ?

BOEの金融政策

眉毛先生
そうだな。

ポンドの値動きを考える上では、やっぱり英国の中央銀行であるBOE(イングランド銀行)の金融政策に注目すべきなんだ。

BOEも当然、物価の安定というのを目標に掲げているんだ。

具体的には、消費者物価指数の水準を一定に保とうとしているんだ。

これをインフレターゲットというんだけど、BOEでは消費者物価指数を前年比2%から上下1%以内となるように金融政策を行っているんだよ。

つまり1%から3%以内ということだな。この範囲を超えてしまうと、BOE総裁が財務相に公開書簡を提出し、理由や対応策を説明しなければならないんだ。

会社で言えば始末書を提出するような感じかな。

ガルベス
それは大変だ・・・。

眉毛も始末書を書いたことあるもんな。

眉毛先生
まあな。

だから、この範囲を超える可能性が高まってくるとBOEは政策金利の変更を行などを行なって物価を一定水準に抑えようとするんだ。

BOEの金融政策は金融政策委員会(MPC)といわれる会議で決定されるんだ。

MPCは年8回開催されて会合終了後、金融政策の発表が行われるんだ。

BOEの凄いところは、この発表と同時に議事録も公表してるんだ。

他の中央銀行の場合、議事録は2〜3週間かかるのが通常なんだけど、即日議事録公表という画期的なシステムを導入してるんだ。

そして年4回はそれに加えて四半期インフレレポートというレポートを発表してるんだ。このレポートでは経済やインフレに関しての見通しが示されていて、今後のBOEの金融政策の動向を探るのに役立つんだよ。

この四半期インフレレポートも併せて発表される回のMPCをBOEの金融政策の発表が木曜日に行われることにちなんで市場では「スーパーサーズデー」と呼ばれているんだ。

ポンドが大きく動く可能性が高い日だな。

ガルベス
「ビッグウェンズデー」みたいでカッコいいな!

こんな感じか?

スーパーサーズデー
眉毛先生
・・・。

そ、そうだな。

とにかく、スーパーサーズデーはポンドが大暴れする可能性があるから発表時は注意するんだぞ。

消費者物価指数

眉毛先生
金融政策を予想する上で、消費者物価指数が重要になるから、当然消費者物価指数も大きく動く経済指標だよ。

過去の英国の消費者物価指数を見ると0%から5%のくらいまでの範囲で上下に大きく動いているのが確認できる。

ちなみに2017年9月にはインフレターゲットの許容範囲の上限の3%に達しているだろ。だから、BOEは11月に利上げに踏み切ったんだ。

ガルベス
なるほど。このインフレターゲットの許容範囲を超えそうになってきたら、政策金利を変更する可能性が高くなるってことだな。
眉毛先生
そういうことだ。

雇用統計

眉毛先生
英国の経済指標では雇用統計も注目されるよ。

英国の雇用統計では失業率失業保険申請件数平均賃金なんかが発表されるんだ。

失業率や失業保険申請件数は英国の景気を反映しているし、平均賃金は物価に影響しやすい指標だから、物価が注目されているような局面ではこの平均賃金が注目されるんだ。

米国の雇用統計と似ているね。

ガルベス
なるほど。じゃ、この雇用統計でも相場が大きく動く可能性があるってことだな。

GDP

眉毛先生
あとは英国経済全体の強弱を見ることのできるGDPはやはり注目される経済指標の一つだね。

期末の翌月下旬に発表される速報値でまず反応した後に、その翌月下旬に発表される改定値でも修正が市場予想と乖離してると反応する。さらにその翌月に確報値が発表される。

確報値はあまり予想から乖離することはないので相場の反応も限定的になることが多いけど、一応注意しておいた方がいいと思う。

ガルベス
なるほど。

やっぱり、どの国もGDPは重要なのか。

その他

鉱工業生産

眉毛先生
その他の注目すべき経済指標としては、GDPと相関性のある経済指標の一つに鉱工業生産がある。

これも発表直後に大きく動くことがある経済指標の一つなんだよ。

日本の鉱工業生産はほとんど動かないのに英国のは結構反応するぞ。

ガルベス
おお、そうなのか。

PMI

眉毛先生
あとはPMIも市場の注目される経済指標の一つ。

企業の購買担当者に対するアンケート調査で、50が好不況の分かれ目になんだ。

それで、50を上回ると好況、50を下回ると不況と判断されるんだ。製造業、建設業、サービス業の順番で1日おきに発表されるんだ。

製造業PMIは鉱工業生産との相関性が強いことで知られているんだ。そのほかのPMIも英国の景気動向を探るには重要なデータなので市場予想との乖離があるとポンドが大きく動くことがあるから注意した方がいいと思う。

ガルベス
わかった。

これも注意しなきゃだめなんだな。いっぱいあるな・・・。

小売売上

眉毛先生
まだあるぞ。

小売売上高は英国の個人消費の強さを探る上で重要な経済指標の一つ。

前月比が注目されるんだけど、前月発表分の修正が入ることも多いから、その双方を併せた結果に注目した方がいいと思う。

発表直後にはやっぱりポンドが大きく動くことがあるから警戒が必要。

ガルベス
なるほど。

みんなが買い物いっぱいしたら、景気良くなるってことだな。

住宅価格

眉毛先生
最後に住宅価格についても触れておこう。

住宅価格に関しては発表後のインパクトは少ないことが多いけど、英国経済の動向を探る上では重要な経済指標の一つなんだよ。

英国の人は持ち家思考が強いので、住宅価格に英国の消費動向が強く反映されるんだ。

英国の住宅価格指数はいくつかあるんだ。

例をあげると、ネーションワイド住宅価格指数やハリファックス住宅価格指数というのが、英国の住宅ローンのデータから算出した指数だね。住宅ローンを元にということは売買契約が成立している住宅価格だね。

それに対してライトムーブ社の住宅価格指数はライトムーブ社のウェブサイトに掲載された住宅の価格を指数化したものだから、売買契約が成立する前の広告の段階での住宅価格のデータになるんだ。だから、その値段で売れるとは限らないので、若干高めになると思う。この指数が上昇するようなとき住宅が高く売れるのではと業者が考えているっていることだから、景気が上向きと考えることができるよね。

それに対して、この指数が低下するような局面では住宅価格がこれから安くしないと売れないって考えてるってことだから、景気が下向きと考えることができるでしょ。

ガルベス
なるほど。

それにしてもいっぱいあって混乱するな・・・。

眉毛先生
まあ、住宅価格に関しては今のところあんまり神経質になる必要はないと思うぞ。

発表直後のインパクトもそれほど強くないから、ざっくりと傾向を見ておけばいいんじゃないかな。

ガルベス
わかった。いやーそれにしても数が多いな。

覚えられるかな・・・・。

眉毛先生
少しずつ覚えていけばいいんだよ。

さっきも言ったけど、ほとんどの指標が18時30分(英国夏時間は17時30分)だから、とりあえず、その日のその時間に何があるかをトレードを始める前にチェックしておけばいい。

ただし、BOEのMPCの発表は21時(夏時間は20時)で少し時間が違うから注意しろよ。

大きな流れとして、これから英国はEUを離脱するから、その経済的な影響がどれだけ出てくるかってことに注目が集まると思うから、経済指標のデータへの注目度も今後さらに上がって行く可能性があるんだよ。

今(2017年11月)はまだ離脱する前だから、影響がそれほどデータに反映されてないけれど、将来的には影響が出てくると思う。

ガルベス
おう!わかった!

その時間のポンドは要注意ってことだな。

そして、将来的にはEU離脱の影響をそれらのデータから探っていけばいいんだな。

眉毛先生
そういうことだ。

英国の経済指標に関して基本的なところはそんなところだな。

今日はこのくらいにしておこう。

じゃ、この新しい靴を履いて散歩行くぞ!

ガルベス
OK!

じゃ、リード取ってくる!