雇用統計は要注意!? 米国重要経済指標Part1 FX初心者向けファンダメンタルズ分析第1回


雇用統計は要注意!? 重要経済指標を確認 FX初心者向けファンダメンタルズ分析第1回

ガルベス
お・・・、おい、眉毛、何だその格好?

(ダサっ・・・)

雇用統計
眉毛先生
今日は俺、合コンだから留守番しとけよ!
ガルベス
その格好で行くのか??
眉毛先生
おう!いいだろ、このネクタイ?
ガルベス
そ、そうだな・・・。

(めんどくせ・・・。それより、その汚ねぇヒゲ剃れよ・・・)

眉毛先生
今日はNY時間に雇用統計があるから、トレードはほどほどにしておけよ!
ガルベス
はいはい。

(つべこべ言わず、早く行けよ!)

雇用統計2
眉毛先生
じゃあな!
ガルベス
やっと行ったよ・・・。

こようとうけい・・・・???

なんだそれ??

まあいいや。今の俺は乗ってるからな。ガンガン稼いでやる・・・。

 

3時間後・・・

ガルベス
うわっ・・・・。

何だこれ・・・・。壊れたのか??

 

雇用時計3

便所行ってた間にガッツリ負けてんじゃねぇかよ・・・・。

113円超えられねぇと思ったから売ってたら悲劇的なことになってんじゃねぇかよ・・・・。

さっきまで全然動いてなかったのに、なんで急にこんなことになるんだよ・・・。

スゲー負けてんじゃねぇか・・・・・。

おい!眉毛!

どうなってんだ??

ってあの野郎は合コン中かよ!

どーしよ・・・。

ガルベスの叫び

 

2時間後・・・

眉毛先生
おう、ガルベス!

今帰ったぞ・・・。

ガルベス
おお、眉毛、やっと帰ってきたな・・・。

どうっだった?合コンは??

眉毛先生
なんか微妙だったな・・・。
ガルベス
(そりゃ、そうだろ・・・。)

そっか。残念だったな。

それより、さっき、ドル円が一瞬ですげー動いたぞ???

何なんだ?これは?

おかげでスゲー負けちまったじゃねぇかよ!

眉毛先生
お前、今日トレードしてたのか??

今日は雇用統計があるからトレードすんなって言わなかったか??

ガルベス
そういえば、そんなこと言ってたような気もするな。

こよう□△×・・・って何だよ?よくわからないから無視したんだよ。

眉毛先生
ああ・・・。めまいがしてきた・・・。
ガルベス
酔っ払ってんのか?

まあ、水飲めよ。

眉毛先生
ああ、ありがとう・・・。

ゴクゴクゴク・・・。

あのな、ガルベス。

米国の雇用統計っていうのは世界中が注目する経済指標で為替相場も雇用統計の結果によって大きく動くことで知られているんだ。

ガルベス
そうだったのか・・。

だからあんなに・・・・。

でも何でだ??その雇用統計ってのがあると動くんだ?

眉毛先生
まあ、そうだよな。

なんで米国の雇用統計が動くのかを知らなかったらわかならいよな。

ガルベス
おお、そうだよ!
眉毛先生
開き直るなよ・・。

米国の雇用統計が注目される理由は、米国の金融政策を決めるFOMCって会議があるんだけど、そのFOMCでは「物価の安定」と「雇用の最大化」という2つの大きな目標を掲げているからなんだ。

目標のうちの一つである雇用がよくなるとFOMCで金利を高くしたりして景気がよくなりすぎるのを防ごうとするし、悪くなると金利を下げたりして景気がよくなるように金融政策を変更しようとするんだ。

米国の雇用情勢を把握できる代表的な経済指標が米国の雇用統計なんだ。

景気が良くなって金利が上がる国の通貨は買われるし、景気が悪くて金利が下がる国の通貨は売られることが多いんだ。

しかも一度にたくさん金利を動かしてしまうと混乱してしまうので、何回かに分けて少しずつ金利を変更していくんだよ。

だから、最初に金利を上げ始めたときはその後も上がって行くことが多いから結構買われるし、逆に下げ始めたときは売られるんだ。

為替相場では金利の変更よりも前に発表される経済指標の結果やFOMCに参加するメンバーのコメントなどを参考に今後金利がどのように調整されるかを予想しながら動いて行く傾向があるんだ。

ガルベス
なんか長い説明だったけど、要するに米国の雇用が良くなると、金利が高くなる可能性が高くなるからドルが買われるって認識でいいのかい?
眉毛先生
ま、そういうことだな。

あとは米国は世界最大の経済大国だから、世界経済の先行きを大きく左右する米国の景気が良いのか悪いのかっていうのは重要なんだ。

米国の景気を考える上で雇用統計は重要な経済指標になるんだよ。

ガルベス
だから、あんなに動いたんだな。

ドルが買われたってことは良い結果だったのか?

眉毛先生
今回の結果を見ると、非農業部門雇用者数変化は弱かったけど、失業率が低下していたのと平均時給が市場予想よりも強かったからドルが買われたんだよ。

ガルベス
なんか複雑だな。

って、お前、合コン中だったのに何で結果知ってんだよ・・・。

合コンに集中しろよ!

眉毛先生
ちょっと気になったから、スマホのアプリでチェックしたんだ。
ガルベス
だから、モテねぇんだよ!

眉毛先生
うるせぇ。

雇用統計の話に戻すぞ。

ガルベス
おお!

で、雇用統計って、ひのうぎょう・・・・とか失業率とか、平均なんちゃらとかなんだよ。

よくわかえねぇよ・・・。

眉毛先生
そうなんだ。

米国の雇用統計というのは、たくさんのデータが発表されるんだ。

農業以外の雇用者数の変化のデータとなる非農業部門雇用者数変化、働きたいけど失業している人の率を出した失業率が注目されるんだ。

あと最近では平均時給の変化率が注目されてて、非農業部門雇用者数変化よりも平均時給変化率の結果への反応が強いこともあるんだ。

ガルベス
なるほど。

要は総合的に見て良ければドルが買われて悪ければドルが売られるってことだな。

眉毛先生
そういうこと。

他にも注目される経済指標はいっぱいあるぞ。

だからその前後の動きは少し注意をしなきゃだめなんだよ。

ガルベス
他にはどんなのがあるんだ。
眉毛先生
さっき、米国の金融政策が重要って話をしたけど、その金融政策の発表も大きく動くイベントなんだ。

FOMC(連邦公開市場委員会)はFederal Open Market Committeeの頭文字なんだけど年に8回行われるんだ。2日間の会議で米国の金融政策を決定するんだよ。

でその会議が終わった後に金融政策を発表するんだ。

日本時間で深夜の4時(米国が夏時間のときは3時)に発表されるんだ。

ガルベス
そうなんだ。完全に寝てる時間だな。
眉毛先生
日本人には厳しい時間帯だな。

年8回FOMCの会議が行われるんだけど、そのうち年4回は、金融政策の発表に併せてFOMC参加者の経済見通しも発表されるんだよ。

参加者が将来の金利をどのように予想しているかも発表されるので、注目度が高いんだ。

これがその金利の予想だよ。

ドットチャート

点(ドット)で示されているチャートだから、「ドットチャート」って呼ばれてて市場の注目が高いんだ。

各年末の時点の政策金利と長期的な金利についての参加者の予想がのっているんだよ。

これが前回よりも上方にシフトしていれば、FRBが強気(タカ派)になったと考えられてドルが買われるし、逆に下方にシフトしていれば、FRBが弱気(ハト派)になったと考えられてドルが売られるんだよ。

ガルベス
なるほど。

で、これはどこで見れるんだ??

眉毛先生

FRBのウェブサイトのFOMCの予定がのっているページの各会合分のProjection MaterialsのPDFのところを見ると過去の分もチェックできるよ。

ガルベス
英語かよ・・・・。

眉毛先生

アメリカだからな・・・。

お前の行きたがってるハワイもアメリカだぞ。

少しは英語を勉強したら?

ガルベス
やだよ!

眉毛先生

 

まあ、いいや。ドットチャート見るのに英語はいらねぇし。

あ、そうだ。

このメンバーの経済見通しが発表される年4回の会合ではFRB議長の記者会見も行われるんだよ。

この記者会見での議長のコメントで相場が大きく動くことがあるから注意が必要なんだ。会見は1時間くらい続くから、その間は気が抜けない時間が続くんだ。

ま、お前は寝てるから関係ないかもしれないけどな。

ガルベス
そういわれると、次は起きていたくなる・・・。

まとめるとこのFOMCで金融政策が変更されたら、動くんだな。

そして、金利の見通し議長の記者会見が重要ってことだな。

眉毛先生
そういうことだな。

あと、金融政策が行われないようなときでも、FOMCの結果を発表する声明文の中の文言が少し変わったってだけでも無駄に大きく反応することがあるから、常に注意しなくてはいけないイベントなんだ

相場が荒れるから、ガルベスみたいに短期トレードをする場合はこのFOMCの金利発表から議長の記者会見まではポジションを持たない方が無難だよ。

中長期のトレードをする場合でも事前にストップ注文の位置やポジションの量を変更するなどの調整が必要なんだよ。

ガルベス
波が荒いときは漁に出るなってことだな。
眉毛先生
あとは経済指標でいったら、消費者物価指数は注意した方がいいな。
ガルベス
しょうひしゃぶっ・・・ガルゥ・・・??
眉毛先生
言えてないな。

消費者物価指数ってのは物価を示す指標なんだよ。

FOMCで金融政策を考えるときには物価が重視されるんだ。物価の上昇が加熱してきたら、金利を上げたりして景気を抑制して物価の上昇を抑えようとするんだ。

逆に物価が下落してきたら、金利を下げたりして景気を刺激して、物価を上昇させようとするんだ。

ガルベス
じゃ、このしょうひしゃぶっかしすうが上がったらドルを買えばいいんだな。
眉毛先生
ま、そうなんだけど、発表と同時にすごい速さで上がるから、多分買えないと思う・・・。

上がった後に買っても遅すぎるんだよ。荒波に揉まれてガッツリやられることも多いからな。

だから、発表前後は手を出さない方が無難だよ。

ガルベス
なんだよ。
眉毛先生
ちなみにFRBが注目しているのはPCEデフレータっていう物価指標なんだけど、消費者物価指数の方が早く発表されて相関性が高いからこの消費者物価指数への反応の方が大きくなることが多いんだよ。

ガルベス
なるほど。
眉毛先生
そして、米国経済全体の強さを見る場合はGDPが重要になるんだ。

GDPはその国の中で一定期間に生み出された付加価値の合計なんだけど、経済がどれだけ発展したかの目安になるんだ。

雇用統計や消費者物価指数は毎月発表されるんだけど、このGDPは四半期ごとのデータになるんだよ。

四半期が終了した後に速報値、改定値、確報値の3回に分けて発表されるんだよ。

一番反応が大きいのは速報値かな。改定値は市場予想以上に修正が入った場合に結構動くこともある。

確報値は改定値からの修正はあまりおおきくないことが多いから反応が少ないことが多い。

3ヶ月ごとのデータだから、少し古いデータになるし、事前の経済指標からある程度予想がつくんだよ。

最近ではアトランタ連銀が発表するGDP NOWやNY連銀が発表するNowcasting Reportといった連銀が発表する予想の精度が結構高いので注目されることが多いぞ。

これらのデータは米国の重要経済指標が発表される度にその時点での予想値が更新されるから、GDPの予想には役立つぞ。

ガルベス
また、英語かよ!

イラっとするな。俺は日本男児なんだよ!

日本語にしろよ!

眉毛先生
アメリカだからな。

いくつか単語覚えて、あとは数字だけ見ればだいたい分かるだろ。

あとは、細かい経済指標もいっぱいあるから、それは明日にしよう。

俺は合コンで疲れてんだよ・・・。

ガルベス
(やっぱり、今日の合コンは失敗だったんだな・・・。)

しょーがねぇなぁ。今日はこのくらいにしておいてやるよ。