MT4のチャートのカスタマイズ

MT4では基本的なチャートの配色を自分なりにアレンジすることができます。 自分の好きなチャートの配色にすることで、チャートが見やすくなり効果的に分析できるようになったり、精神的に落ち着いてトレードすることができるなどのプラス効果が期待できるため、是非自分なりの配色にアレンジして見ましょう。

MT4のチャートの種類

MT4ではバーチャートがデフォルトの設定となっています。最初に新規チャートを開いた時には下のような黒の背景に緑のバーチャートが表示されます。

chart

このままのチャートが見やすいという方はそのままでも構いませんが、多くの日本人トレーダーはローソク足チャートで分析されており、ローソク足チャートの表示にしたいと考えていると思います。

チャートの種類はMT4のツールバーからワンクリックで行うことができます。ツールバーのチャートの種類の部分からローソク足の部分をクリックするとチャートがローソク足に切り替わります。

ちなみに、左から「バーチャート」、「ローソク足」、「ラインチャート」の3種類から選択することができます。

スクリーンショット 2017-07-16 13.28.06

また、デフォルトのチャートでは時間軸が収縮した状態となっているため、ローソク足に変更しても見た目はほとんど変わらないため、時間軸を少し広げて表示させるという作業が必要になります。

チャートを少し拡大し、時間軸を広げるためにはツールバーを使用して広げます。虫眼鏡のようなマークで拡大・縮小を行うことができます。

スクリーンショット 2017-07-16 13.47.41

チャートを拡大すると見慣れたローソク足のチャートとなります。

スクリーンショット 2017-07-16 13.54.17

チャートの色のカスタマイズ

続いてはチャートの配色の設定を行います。

チャートの色は自由に設定を行うことができるようになっています。

配色を変更したいチャート上で右クリックし、「プロパティ」を選択すると次のような画面が表示されます。

chart1

この画面でチャートの配色を自由に変更することができます。

変更後のプレビューが左側に表示されるため、確認しながら変更作業を行います。

変更できる項目は次の通りです。

背景色:チャートのバックグラウンドカラーを設定します。デフォルトは黒になっています。

前景色:チャート上の価格や時間を表示している色となります。背景色と同じ色に設定してしまうと価格の水準や時間が見えなくなってしまいます。また、背景色と近い色にしてしまっても見にくいので見やすい色に設定します。

グリッド:チャート上にグリッド(縦と横の目盛り線)を表示させる場合は色を選択します。表示させない場合は「None」を選択します。

上昇バー・下降バー:価格が上昇した場合の足のバー、価格が下落した場合のバーの色を選択します。ローソク足の場合はローソク足のヒゲ、実体の線の部分の色になります。

上昇ロウソク足・下降ロウソク足:ローソク足の実体の中の部分の色を選択します。

ラインチャート:ラインチャートを描画する際の色を選択します。ローソク足で始値と終値が同値の場合の色もこの色になります。

出来高:出来高を表示する場合の棒グラフの色を選択します。保有中のポジションのラインの色もこの色になります。

ASKのライン:ASKの価格を表示させる場合の線の色を表示します。

ストップ・レベル:ストップ注文を入れた際にチャート上に表示させる色を選択します。

デフォルトに設定する

お気に入りのチャートデザインに変更したら、その設定をデフォルトのチャートデザインにすることができます。つまり、新規チャートを開いた時にそのデザインのチャートが表示されるようになります。

設定方法は次の通りです。

デフォルトにしたいデザインのチャート上で右クリックし、「定型チャート」内の「定型として保存」を選択します。

ファイル名を「default.tpl」とし、保存するとデフォルトに設定されます。

スクリーンショット 2017-07-16 23.37.20

普段表示させているテクニカルインジケーターを表示した状態でデフォルトとすることも可能です。お気に入りのチャート環境を作り出してデフォルト化して効率的に分析できるようにしましょう。