Commodity Channel Index(CCI)


インジケーター概要

Commodity Channel Index(CCI)は名前にCommodity(商品市場)と入っているように商品市場で生まれたインジケーターです。米国のドナルド・ランバート氏によって開発されました。主にトレンドの強弱やトレンドの転換点を探る場面で使用します。

計算方法はやや複雑ですが、終値、高値、安値を3で割った数字を基準値とし、それと移動平均化したものを用い乖離の大きさを算出しています。

基準値が移動平均線を上抜けるとプラスの数値となり、基準値が移動平均線を下抜けるとマイナスの数値となります。

そのため、基本的にプラスの数値のときは上昇基調が強い状態となり、マイナスの数値のときは下落基調が強い状態と考えられます。

CCIの見方

CCIが-100を超えると売りが過熱している状態、100を超えると買いが過熱している状態とされています。ただし、200を超えるような数値となることも珍しくないため、この±100を超えたからといって逆張りすると痛い目に遭います。一般的には±100を超えた後に再度±100を割り込むような場合に反転を狙った売買をするような使われ方をします。特に±200を超えた後に戻ってくる場合は反転の可能性が高いと考えることができます。

また、その他のオシレーター系のインジケーター同様にダイバージェンスの発生にも注意が必要です。

価格が上昇基調にあるにも関わらず、CCIが低下するような動きとなっているような場合は反落に注意が必要になります。その逆(価格が低下傾向にあるにも関わらず、CCIが上昇するような場合)には反発に注意が必要です。

下のドル円の1時間足のチャートではダイバージェンスが発生した後に相場が反転、又は調整が強まる状況になっているのが確認できます。

ダイバージェンスの発生をしっかりとチェックしていると、利益確定し損ない利益を大きく減らしてしまうというパターンに陥るリスクが軽減します。

CCIの設定

MT4のCCIでは移動平均の算出期間、算出に用いる価格、スタイルを選択できます。

算出の期間はデフォルトが14日となっています。デフォルトの設定では過敏に反応し過ぎて嫌だという方は少し大きめの数字20や25などに設定してもいいかもしれません。

適用価格は通常はTypical Price(高値、安値、終値の平均)を用いて算出しますが終値などでも算出することが可能になっています。

また、デフォルトの設定では0のラインに線が入っていないため、数値がプラスかマイナスかを確認したいという方はレベルの追加タブにて0を追加することをお勧めします。

まとめ

CCIはトレンドの強弱、転換点を探る場面で使うオシレーター系のインジケーターです。

数値がプラスであれば上昇基調、マイナスであれば下落基調となります。±100を超えると買われ過ぎ、売られ過ぎとなりますが、それだけで逆張りは危険なため、再度±100を割り込んできた場合の方が成功率が高い。

ダイバージェンスが発生した場合には相場の反転に注意する必要がある。