FX初心者向け 眉毛先生とガルベス君のテクニカル分析入門第1回「ローソク足の見方」


眉毛先生とガルベス君のテクニカル分析入門

第1回ローソク足ってなんだ?

テクニカル分析とは?

眉毛先生
おう、ガルベス!
調子はどうだ?
ガルベス
絶好調だ、この野郎!
それより眉毛、こないだ言ってたテクニカル分析ってのを教えろよ!
眉毛先生
お前な、それが人にものを教わる態度か?
ガルベス
うるせーな、そんな細かいこと言ってるからモテねーんだよ。つべこべ言わず、早く教えろよ!
眉毛先生
チッ・・・、まあいいか。
テクニカル分析っていうのは、簡単にいえば、価格の動きを分析して将来の値動きを予測することなんだ。

過去の値動きのパターンを基本に相場がどんな状況か、今後どうなりそうかを分析するんだ。

それに対して、政治経済などの事象を考えて分析する方法でファンダメンタルズ分析というのがあるんだ。それについてはまた今度ゆっくり教えてやるよ。

ガルベス
ほう。そうなのか?

ローソク足チャートとは?

眉毛先生
お前、チャートって知ってるか?
ガルベス
バカにすんなよ!LINEとかだろ?
眉毛先生
それはチャットだろ。チャートってのは過去の値動きを示したグラフのことだよ。
こういうの見たことないか?
ローソク足②
ガルベス
ああ、それな。見たことある。なんとなくは分かるんだけど、その四角いのと上に伸びている線は何なんだ?
眉毛先生
じゃ、まずはチャートの見方から教えてやるよ。

これはな、ローソク足チャートっていう名前のグラフで、四角と線でその時間の値動きを示しているんだよ。
チャートというのは横軸に時間になっていて、右に行けば行くほど新しい時間になる。
一番右が最新の時間になるんだ。
そして縦軸に価格ね。
上に行けば価格は高くなり、下に行けば価格は安くなる。

ローソク足3
ガルベス
それは、なんとなく分かる。
で、この四角いのと線は?
眉毛先生
そう、それな。

今、このチャートは一日の値動きを一つの四角と棒で示した日足(ひあし)チャートと呼ばれているものなんけど、その四角と線が示しているのが、始値、終値、高値、安値という4つの価格なんだ。

始値ってのが、その時間、つまりこの日足チャートでは一日の初めの価格のこと。

同じように終値ってのが、その時間、つまり一日の最後の価格、高値が一日の一番高い価格、安値が一番安い価格のことなんだよ。

それを、下の図のように四角と線で示しているんだよ。

ちなみに始値よりも終値が上昇した場合に陽線、始値から終値が下落した場合は陰線と言って、色を分けて区別するんだ。

ローソク足4

ガルベス
ふん、なるほどな。色を見れば上がったか下がったか分かるんだな。
眉毛先生
おう、そうだな。

あとは、あとは四角と上と下の線の状態によって、その時間の動きが把握できるんだ。

ガルベス
ん?どういうことだ?
眉毛先生
例えば、こんなローソク足の形をしている場合、価格はどんな動きになっていたと思う?
ローソク足5
ガルベス
えーと、えーっと?
眉毛先生
まあ、さっきローソク足の見方を習ったばかりだから、わからないのも仕方ないね。

慣れるとすぐに分かるようになるから大丈夫。

このようなローソク足が出てきた時は主に次の2つのいずれか動きとなった可能性が高いと考えられるんだ。

(1)その時間がスタートして、一度少し値を下げた後に上昇したけれど、すぐに押し戻されてしまって、終わってみると少ししか上昇していなかったという場合。

(2)その時間がスタートして、上昇した後に大きく下げた後に少し戻してその時間が終了した場合。同じく終わってみると少しだけ上昇しているという場合

ローソク足6
ガルベス
あっ、そうか。上に伸びてる線の一番上がその時間内の高値っていう名前で一番高い値段だったよな。
眉毛先生
おう、さすがガルベス。理解が早いな。

ちなみに上下の線は一般的にヒゲと呼ばれているんだ。上に付いている線を上ヒゲ、下に付いている線を下ヒゲと呼ぶんだ。

ガルベス
お前の口の周りみたいだな。
眉毛先生
いちいちうるせーな。

話を戻すぞ。

さっきみたいな長い上ヒゲの付いたローソク足が出た場合は、上がったところでは売りたいやつが沢山いて、押し戻されてしまったことを示しているんだ。

特にこれが、ジリジリ価格が上昇していて、価格が高い水準で出てきたときは警戒が必要なんだ。

また上がっても押し戻されるんじゃないかってみんな警戒するようになってしまうので買う人が少なくなるんだ。

価格がジリジリ上がって高い水準ということは市場では買っているやつが多いっていうことだ。そいつらは利益を確定するには売るしかない。

そろそろ価格が下がるんじゃないかって不安になってるやつもいるよね、多分。

だから価格が下がり始めると利益確定の売りが沢山出てきて、価格が下がっていく可能性が高くなるんだ。

ガルベス
そうかじゃ、チャートでそういう風になったら売ればいいんだな?

おお、こういうところか?

スクリーンショット 2017-08-02 20.04.29
眉毛先生
そうそう、高くなってきたところで、長いヒゲが出てきた後は下がること多いだろ。

下がる動きが続いた後に、下に長いヒゲが出てきたところはその後、上がることが多いんだよ。

実際のチャートだと、こんな感じ。

スクリーンショット 2017-08-02 20.14.36
ガルベス
ローソク足ってすごいな。

これが出てくるまで待って、売買すれば、すげー儲かるな?

じゃ、稼いで来月は温泉行くぞ。

眉毛先生
気が早いな。それは、あくまでも相場が反転する可能性が高まってきたっていうサインの一つというだけなんだよ。

よくチャートを見ろ、長いヒゲついたローソク足が出た後に反転していない場合もあるだろ。

実際の相場はそんなに単純じゃないんだよ。

ガルベス
なんだよ、そうなのか・・・。
眉毛先生
がっかりするなよ。

他にも色々サインとなるものがたくさんあるので、それと併せて可能性が高いと思われるところを狙ってトレードするのがFXで効率的に利益を上げるポイントなんだよ。

ガルベス
そうなのか?早く言えよ。

じゃ、もっと教えろよ!散歩の時間までまだ結構時間あるだろ。

ちょっと待て、喉乾いたから水飲んでくる・・・・。

眉毛先生
わかった。じゃ、戻ってきたらな。
ガルベス
水飲んできたぞ!もうなくなったから、あとで新しい水足しとけよ!

それより早く続きを教えろ!ガルル・・・

眉毛先生
慌てるなよ、お前口の周りビチョビチョに濡れてるじゃねぇかよ!

まあいいや。じゃ、今からローソク足のFXで使える代表的なパターンを中心に教えてやるよ。

こういうローソク足が出た場合に価格がこの時間内にどんな動きになったことを示してると思う?

ローソク足7
ガルベス
なんだ、俺を試してるのか?

これは・・・、あれだよな・・・。

値段が上がったってことだよな。

眉毛先生
おお、よくわかったな。

そうなんだ。こういう四角形の部分、実体と呼ばれるんだけど、この部分が周りに比べて長い陽線(価格が上昇したローソク足)が出てきた場合は、価格が力強く上昇したことを示しているんだ。

特にこれみたいに上下にヒゲがない場合は、ずっと上がってた可能性が高いんだよ。

こういう足が、価格の下落が続いた後に出てくるとその後、上昇基調に変わる可能性があるんだよ。

なんでかわかるか?

ガルベス
それは・・・。

高くなったからか?

眉毛先生
う、うん。まあそうなんだが、相場参加者の心理を考えるとより理解しやすくなるぞ。

価格の下落基調が続いた後にこのようなローソク足が出た場合、つまり、下の図のようなチャートになった場合だな。

ローソク足8
眉毛先生

下落基調が続いたってことは、①から④、あるいはその前から、売っていた人が多かったから下がったってことなんだ。

つまり、市場には売っている人がたくさんいるって状態だよ。

売っている人はいずれ買って決済をして損益を確定させる必要があるんだ。

そんな時に、⑤みたいに大きな上昇となると、どうなる?

③と④で売った人で利益確定をしていない人は含み損を抱えている状態なのはわかるよね?

②で売った人も半分くらいは含み損を抱えている状態・・・。

ガルベス
おお、そういうことになるな。

可哀想に・・・

眉毛先生
そうなんだ。

そいつらはそれ以上損失が拡大すると、損切りといって損失を確定させる買いを入れなければならない状態になる。

下がってきたところを狙って損失の小さくなるところで決済の買いを入れるということも考えられる。

その前に売っていたやつらも、利益が少なくなっていて少し焦っているので、利益確定どころを探している状態だな。

つまり、買いたいやつが増えてるってことだ。

だから、価格が下がってくるような場面では、下がりにくく、上昇するとそいつらの損切りの買いも重なってさらに上昇しやすくなる状況に陥るわけだ。

そうなることが想定されるから、ポジションを持っていないやつらは新たな買いを入れてくる可能性も考えられるよね。

ガルベス
おお、そういうことか。

そうなったら、俺も買えばいいんだな?

眉毛先生
そう。

その方が勝てる確率は高くなるってことだ。

スクリーンショット 2017-08-02 20.27.19
ガルベス
他にはないのか?
眉毛先生
んー。あとは、これを覚えておくといいかも。

こんなローソク足が出てきた場合は価格はどんな動きになっていると思う?

candle6
ガルベス
なんだこれ?

四角の部分、実体だっけ?それが無いじゃねぇかよ。

眉毛よぉ、画像間違えてるんじゃねぇか?

しっかりしろよ!

眉毛先生
違うんだ、ガルベス。

その時間の最初と最後の価格がほとんど同じになった場合にはこういうローソク足が出ることがあるんだ。

つまり、上下に多少動いたけど終わってみればほとんど同じ価格に戻ってきた状態だよ。

ガルベス
なるほど、そういうことか・・・。
眉毛先生
そうそう。

こういうローソク足が出てきたら、相場が迷っている状態と考えられるんだ。

だから、このような足が出てきた後は相場のそれまでの流れが変わる可能性が高まっているといえるんだ。

つまり、上昇基調が下落基調に変わったり、下落基調が上昇基調に変わったりする前兆になるんだ。

もちろん、絶対ではないけどね。普通のローソク足よりも流れが変わる可能性が高いってことだ。

スクリーンショット 2017-08-02 20.40.57
ガルベス
つまり、優柔不断な状況ってことだな。

眉毛、お前みたいだな・・・

眉毛先生
うるせーよ。
ガルベス
他には無いのか?
眉毛先生
他にもあるにはあるんだが、一度にあんまり詰め込みすぎるとわけわかんなくなるし、ローソク足単体では微妙なのも多いから今日はここまでにしておこう。

散歩の時間が迫ってきてるしな。

ガルベス
おお、もうそんな時間か・・・。

俺、首輪取ってくる!