Bulls Power(ブルズ・パワー)


インジケーター概要

Bulls Powerはアレキサンダー・エルダーにより考案された買い勢力の勢いを示すインジケーターです。

同じ開発者により開発されたBears Powerに近いものになります。欧米の相場用語でBull(強気、買い気配)に対し、Bear(弱気、売り気配)と表現されるため、名前の通りBulls Powerは買い勢力の勢いを示します。

Bulls Powerは高値と指数平滑移動平均線(EMA)の差というシンプルな計算方法で算出された数値をチャートの下に表示させます。

Bulls Powerの数値がプラス圏にある場合は指数平滑移動平均線(EMA)の上に高値がある状態となり、上昇基調の方が強い状況であるのに対し、Bulls Powerの数値がマイナスの場合は指数平滑移動平均線(EMA)の下に高値がある状態となり、下落基調が強い状況を示しています。

また、Bulls Powerの数値が大きくなり過ぎた場合は指数平滑移動平均線との乖離が大きい状態を示しているため、調整売りに注意が必要な状態と言えます。

Bulls Powerの見方

下のドル円のチャートを見ると、Bulls Powerがマイナス圏からプラス圏に入り上昇基調が強まってくる場面では価格も上昇基調が強まり(①)、Bulls Powerが反落する動きとなると上昇基調が一段落しているのが確認できます(②)。次に再度Bulls Powerの上昇に併せ価格が上昇(③)、ピークアウトと共に上昇が一段落(④)となっています。再度Bulls Powerが上昇し、価格も上昇するものの(⑤)、前回のピーク時の水準で失速となり(⑥)、その後は上昇基調が崩れているのが確認できます。

このようにBulls Powerの動きと併せて価格の動きをチェックすることで上昇基調のピーク、トレンドの転換のタイミングを探り易くなります。買いポジションを持っている場合はBulls Powerが伸び悩む状態となるようであれば、一度利益を確定して様子を見るといった使い方ができるようになると思います。

Bulls Powerの設定

Bulls Powerの設定項目は指数平滑移動平均線(EMA)の算出期間、指数平滑移動平均線の適用価格、スタイル等です。

期間に関してはデフォルトの設定がBears power同様に13となっています。短期的な勢いを見る場合は13のままの設定で使えると思います。より長期的な買い勢力の強さを確認する場合は少し長めな設定に調整することができます。

まとめ

Bulls Powerは買い勢力の強さを示すインジケーターです。

プラスの数値の場合は買い勢力が強く、マイナスの場合は買い勢力が弱い状態を示しているほか、数値が大きくなった場合には短期的に売りが過熱している可能性があり、調整売りに警戒が必要な状態と判断することもできます。

デフォルトの設定は13で短期的な買い勢力の強さを確認することができます。中長期の買い勢力の強さを確認する場合はパラメーターを大きめな数字に調整します。