Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)


インジケーター概要

Bollinger Bands(ボリンジャー・バンド)とは米国の著名な投資家であるジョン・ボリンジャー氏により考案されました。

過去の価格の動きを基に統計学の標準偏差の概念を用いて導き出された数値をチャート上に描画します。

描画方法は次のチャートのように移動平均線を軸に上下に標準偏差±1σ(下のチャートでは青線)、標準偏差±2(黒線)、標準偏差±3(青の点線)と帯状に曲線で描画していきます。

各標準偏差が示すものは一定の確率でその範囲内に変動が収まるというものです。

具体的には次のようになります。

①±1σの範囲内に68.3%程度の確率で収まる

②±2σの範囲内に95.4%程度の確率で収まる

③±3σの範囲内に99.7%程度の確率で収まる

つまり、統計学上、±3σの範囲内の変動に収まる可能性が高いということです。

このインジケーターを使った戦略

①±3σでの逆張り

±3σ以内に価格の変動が収まるということはその水準を超えるような変動は相場がオーバーシュートしている可能性が浮上します。

そのため、一旦は調整が入る可能性が高く、短期トレードでその反発を狙うという戦略が考えられます。

ただし、強いトレンドとなる場合にはそのままその方向への動きが強い状態が続くことも想定されるため、一定の水準にストップ注文を置くなどのリスク管理が必要です。

また、戻りも短時間ですぐにまた同じ方向への動きが強まることもあり、タイミングが掴みにくくなることも少なくありません。

そもそも、±3σに到達するような状況というのは相場が荒れている状態であることが多いということもあります。

これらを考えると、初心者の方にはあまりお勧めできる戦略ではないと考えられます。考案者のボリンジャーも逆張りではなく順張りで使うことを推奨しています。

②収縮から拡散を狙う

ボリンジャーバンドは相場が均衡している場面では縮小し、相場が動き出すと上下に広がり拡散する動きとなります。

相場が均衡し、バンドが縮小する場面ではトレードを控え、拡散に向かう場面でトレンド方向へ追いかけていくという使い方が挙げられます。トレンドが発生した場面では、価格は±2σの水準に沿って動くような状態(バンドウォークなどと呼ばれることがあります)となるため、その状態を追っていくような順張りのトレードを行います。価格が反転し、真ん中の移動平均線(ミドルライン)にタッチしたり、バンドが収縮に向かうような形になるまでトレンドを追っていきます。

この収縮と拡散の動きの使い方としては通貨ペアの選択を行う場面でも使うことができると思います。

普段、エントリーポイントを探っている時間軸より大きな時間軸のチャートのボリンジャー・バンドで拡大傾向のある通貨ペアを探します。

バンドが拡大傾向にあるということは均衡が崩れ、ボラティリティ(変動率)が高くなりつつある通貨ペアと言えます。また、方向性も掴みやすい状況になっている通貨ペアも多いと思います。

それらの通貨ペアに絞り、短い時間軸でエントリーポイントを探していくと、効率的なトレードができるようになると思います。

インジケーターの設定

MT4のボリンジャーバンドは算出の基準となる期間、ボリンジャー・バンドを左右にシフトする場合のシフトさせる本数(表示移動)、バンドの標準偏差数(偏差)となります。

※注意事項

表示移動はプラスの数値を入れるとボリンジャーバンドがその本数分左にシフトします。マイナスの数値をいれると右にシフトします。

偏差は標準偏差の数値をいれます。2.0と入力すると±2σのバンドが上下に表示されます。

異なる標準偏差の複数のバンドを表示させる場合は2回設定(2個のBollinger Bandsを表示)する必要があります。

まとめ

ボリンジャー・バンドは統計学の標準偏差の概念を用いたインジケーターです。

値動きは±3σの範囲内の変動となる確率はかなり高くなります。ただし、それを頼りに取引するのは難しい。

収縮から拡散に向けての動きを狙ったトレンドフォローが正攻法となります。

ボラティリティ拡大のアラートとしての使用も考えられる。