バック・テスト


自動売買などの売買ロジックを過去の値動きを用いて、その有効性を検証すること。
これに対し、現在の価格を用いてリアルタイムで検証することを「フォワード・テスト」という。