AUDUSD 上昇基調本格化なるか 豪ドル米ドル


今週の注目点(AUDUSD)

本格的な上昇基調となるか?

AUDUSD (豪ドル/米ドル)の週足チャートを見ると保ち合いを抜け出し、上昇基調が強まっているのが確認できる。パリティ割れから下落を続けた後、地固めを行い上値を伺うような動きとなっており、0.85-6付近までの上昇余地が広がっているように見える。

直近では心理的節目となる0.8や2015年にレジスタンスとなった0.815付近では上値が詰まる可能性はあるが、その水準をしっかりと上抜ける動きとなれば上昇基調が本格化への期待が高まる。

スクリーンショット 2017-07-24 10.35.15

豪4-6月期消費者物価指数に注目

今週はオースオラリアの4-6月期の消費者物価指数の発表が予定されている。先週はRBAからの豪ドル高牽制に上値を挫かれる動きとなったが、消費者物価指数が底堅い結果となるとRBAの利上げ期待が高まり、豪ドルを押し上げることが想定される。また、物価上昇基調が明らかになれば、RBAの豪ドル高牽制も和らぐことが想定される。

さらには本日予定されているOPECの会合も資源価格を通じて豪ドルに影響を与える可能性があるので資源価格も併せてチェックしたい。