相対取引(あいたいとりひき)


相対取引とは、株式市場のように取引所を介して行う取引ではなく、「売りたい人」「買いたい人」がいれば成立する取引のことをいいます。

売りたい人、買いたい人の当事者間で価格や数量などの条件を決めて取引を行います。

一般的な証券会社やFX会社でのFX取引は店頭FX取引となり、この相対取引が行われています。

それに対し、くりっく365のように取引所を通す取引は「取引所取引」といいます。

基本的にはインターバンク間のレートを元に価格が配信されていますが、相対取引は当事者間の合意で取引が成立するという特徴があるため、各FX会社間で若干ではありますが、スプレッドの違いが生じたり、価格の差が生じることがあります。