EURUSD 中期的には1.26-1.29を目指す展開

EURUSD Weekly Chart

今週の注目点 (EURUSD)

EURUSD 中期的には1.26-1.29を目指す展開

2017/07/24 08:30 JST

中期的なトレンドを判断するには日足や週足、時には月足を用います。
EURUSDの日足だけで判断すると4月以降1.05台からおおむね一本調子に上昇しています。では、この上昇基調は今後も続くのか、あるいは近いうちに反転するかどうかを判断するには材料不足です。
そこで、月足を見てみると、2015年3月以来形成していた下降チャネルのレジスタンス・ラインを先々週に少しだけ上抜けしてその週を終え、先週は上昇したまま週を終えました。
このため、EURUSDは中期的には上昇トレンドに転換したと判断していいでしょう。
当面の目標は2015年8月23日の高値である1.1715ですが、中期的なチャート・ポイントは以下のとおりです。
1.1865:2010年6月6日の安値
1.2040:2012年7月22日の安値
1.2275:2010年~2014年に形成された三角持合のサポート・ラインの延長
1.2885:2010年~2014年に形成された三角持合のレジスタンス・ラインの延長
また、1.26~1.27台は2012年から1年ほどのサポート・ゾーンだったことを考え合わせると、この上昇トレンドの目標値は1.26-2.29の水準になると考えます。