落ちていくナイフに手を出すな FXに役立つ相場格言


「落ちていくナイフに手を出すな」とは?

相場では下落が勢いづくことが多々あります。

そのような場面で値ごろ感から反転を期待してついつい買ってしまいそうになることがあります。

その感がうまく機能し、そこで反発し、うまく利益を上げるということも珍しくないと思います。

ただし、そのような取引を続けていると、いずれなかなか下げ止まらない相場がやってきます。

そのような相場がやってきたときに多くの人は口座資産のほとんどを失ってしまいます。

つまり、落ちてくるナイフに手を出し、大怪我してしまうというわけです。

このような格言は古今東西多く残されています。それだけ同じ失敗を人間は繰り返しているということです。

そのような下落局面で反発を狙って取れる利益はそれほど大きくありません。

それに対し、下げ止まらなかった場合に被る損失は大きくなることが多いです。

さらに、負けるとその負けを取り戻そうと必死になり、チャンスでもないところでエントリーしてしまったり、リズムを崩してしまう人も少なくないと思います。

ただし、反発を狙うトレードが悪いと言っているわけではありません。反発を狙う場合はしっかりとテクニカル面で下げ止まりの気配が出てきた後、負けたとしても一定の損失にコントロールできるようにストップ注文を置き、そのストップ注文がヒットするような状況となったら諦めるという準備をしてから挑むことが重要です。

値ごろ感から焦って損切り水準を考える間もなくエントリーというのは避けましょう。それが一番危険です。

損切り水準を考えてないので、損失が膨らむと焦ります。そして次に出る行動はナンピンであったり、神に祈るといった行動になりがちです。

ナンピンをすると勝率は上がるため、安易にナンピンをしてしまいがちですが、相場が下げ止まらない場合の損失は莫大なものとなります。

欧米にこんな相場格言があります。

「ナンピンができるほどの金持ちはカーネギー、モルガン、ロックフェラーの3人しかいない。しかし、彼らはそんなことをするほど愚かではない」

それだけナンピンで失敗した相場参加者が多いということです。

神様に祈っても助けてくれなかったということです。

くれぐれも落ちてくるナイフには手を出さないように注意しましょう。