知って行わざるは知らざるに同じ FXに役立つ相場格言


知って行わざるは知らざるに同じとは?

知って行わざるは知らざるに同じ とは相場がこのように動くだろうと思い、仮にそのような動きとなったとしても、ポジションを持っていなければ意味がないという格言です。

つまり、一歩踏み出す勇気がなければ、知識は役に立たないということです。

ポジションを持つ際に負けてしまうリスクは付きものです。

そのリスクが恐怖となり、動けない場合もあると思います。

特に負けたトレードの後などはその残像が残り、躊躇してしまいがちです。

躊躇したときに限って相場が思っていた通りの方向に動き、悔しい思いをするという経験をされた方も少なくないと思います。

せっかく勝てる戦略を持っていたのに、一歩踏み出す勇気がなかったばかりに利益を上げ損ねてしまう状況です。

このような事態に陥らないためにも、冷静に判断し一歩踏み出す勇気を持つように心がけましょうということですね。