木を見て森を見ず FXに役立つ相場格言


木を見て森を見ずとは?

「木を見て森を見ず」という言葉は細かいところばかり見ていると、大局が見えなくなってしまうといった意味で使われます。

FX相場でも細かい値動きにばかりに気を取られてしまっていると、大きな流れを読み違えてしまうことがあります。

特に短期売買に没頭していたり、含み損を抱えたポジションを保有していて意地になっている場面などは要注意です。

「木をみて森を見ず」状態に陥ってしまうと、流れが変わっているのに気づかずにトレードを続けてしまったり、流れが変わっているのに気づいていても、もう少し有利な場面を狙って損切りしようとポジションを持ち続けてしまうという失敗に陥り易くなってしまいます。

一定期間に必ず長めの時間軸のチャートをチェックする習慣をつける

この「木を見て森を見ず」を回避するためには一定期間に一度は長い時間軸のチャートをチェックする習慣をつけるしかありません。

短期トレードをする場合はトレードを始める前にチェックするのはもちろん、数時間ごとにでも、現在長い時間軸でどの水準で推移しているのかをマメにチェックしましょう。

長い時間軸のチャートで方向感が出てきた方へポジションをとった方が成功率が高まるというのは皆さんもご存知だと思います。

マメに長期的なチャートもチェックする習慣をつけていると大きな方向感が変わる局面やチャート上の大きな節目を見逃さずに済み、効率的にトレードすることができるようになります。

&nbsp cialisfromuk.com;