最初の損は最良の損 FXに役立つ相場格言


「最初の損は最良の損」とは?

最初の損は最良の損という相場格言についてご案内します。

投資全般に言えることですが、ビギナーズラックというものがあります。

初心者が適当に行うとうまくいってしまうことが多いというものです。

FX取引で最初にそのように簡単に儲けることができてしまった初心者は高確率でその後、大きな失敗をしてしまう傾向があります。

最初に勝ってしまったばかりに相場を甘く見てしまい、為替相場の怖さを知らないまま投資金額を増やして失敗してしまう事例は後を絶ちません。

それに対し、最初に失敗してしまった人は、為替相場の難しさ、怖さを知るためにリスク管理をしっかりと行うようになり、慎重に行動するようになります。

そしてその後成功することが多いという格言です。

為替相場で勝ち残っている人の多くが、早い段階で挫折を経験しています。それが糧となりその後の相場に対し真剣に取り組むようになり、成功を掴んでいます。

古今東西、同様なことが語り継がれており、同じ意味の相場格言も多く存在します。

FX取引を始めたばかりで上手く行かないという方も落ち込む必要はありません。

失敗したらその失敗を次にどのように活かすかが大事です。

逆に最初から上手くいっている初心者の方は注意が必要です。相場にどのようなリスクがあるかを一度見返して見ましょう。見落としているリスクがあるかも知れません。

この格言については人生においても同じことが言えると思います。

人生において成功した人が最初に大失敗をした人ということは少なくありません。彼らはその失敗の中から何かを学び、それをその後に活かした人たちがほとんどです。

これからFX相場と対峙する人も既に対峙している人も相場についてしっかりと学び、リスクをしっかりとコントロールすることを心がけましょう。

時には、失敗してしまうこともあると思います。それでもその失敗を次に活かすことが大事です。諦めずに続けていれば、道は開けると思います。