損して休むは上の上 FXに役立つ相場格言


損して休むは上の上とは?

相場と対峙していると損をすることも多々あります。

プロでも当然、損をすることはあります。

そのような場面でどのような行動を取るかが重要です。

損失を出した後は通常、冷静な判断ができなくなるものです。頭に血が上り、損失を取り戻そうとムキになってトレードしてしまう方も少なくないと思います。

冷静さを失った状態でトレードしたときの結果がどうなるかは容易に想像がつくと思います。

うまくいって損失を取り戻すことができることもあると思いますが、それが癖になってしまい、いずれ大きくやられてしまうものです。

これまで筆者もそれで大損したトレーダーを数多く見てきました。

一度歯車が狂うと坂道を転げ落ちていくように資産を減らしてしまうのがFXトレードの世界です。

そうならないためにも損をしたら、一度相場から離れて感情をクリーンにしてから相場と対峙するというのは良策だと思います。

相場は明日もある」の相場格言にもあるように相場は明日も動き続けます。

状況がよくないときに無理してトレードして損失を拡大するリスクを負うよりも一度休んで冷静さを取り戻すという方がその後のトレード成績にはプラスに働くことが多いということです。

先人たちは幾度と同じ失敗を繰り返してくれたからこそ、このような相場格言が生まれています。我々はこの内容をしっかりと理解し、フレッシュな気持ちで相場に挑みたいものです。