命金には手を出すな! FXに役立つ相場格言


命金には手を出すな!

命金とは、生活するのに必要な資金を言います。

生活費などの使い道の決まっているお金に手を出してしまうと、精神的なプレッシャーが大きくなり、チャンスで躊躇してしまったり、損失を確定するのをためらい損失を拡大させてしまったりと失敗のリスクが高まります。

また、「心動けば相場に曲がる」の相場格言にあるように心が動揺しているときには、冷静になるとチャンスでもないところがチャンスに見えたり、相場が自分の都合のいいように歪んで見えてしまうものです。

相場というものは意地悪なので、心に隙のある人間に対しては容赦しません。

このような格言があるということは、過去に命金に手を出してしまい失敗した先人が多くいたということでもあり、それは今、相場と対峙しているトレーダーにもこれから相場で取引するトレーダーにも当てはまることとなります。

FX取引は余剰資金で行いましょう。

「命金には手を出すな!」とは投資全般に言えることですが、レバレッジを効かせることができるFXでは特に重要な格言になります。

FXではレバレッジを効かせて取引を行うことができる商品であるため、使い方を間違えると少しの価格の変動で損失が大きくなる可能性のある商品です。

取引をする際は必ず、余剰資金で行うようにしましょう。

そうすれば、相場も冷静に見ることができ、感情に振り回されるリスクを軽減することができるようになります。