マルチタイムフレームの移動平均線


マルチタイムフレームの移動平均線とは?

MT4はマルチタイムフレームのインジケーターが使える優秀なチャートソフトです。

マルチタイムフレームとは他の時間軸のインジケーターも表示することができる機能を言います。

マルチタイムフレームの移動平均線を使うと1時間足のチャートに日足チャートの移動平均線を表示することができるようになります。。

よって、長い時間軸の移動平均線を表示させることで短い時間軸のチャートのみで長い時間軸の状態を確認することができるといったメリットがあります。

今回はそのマルチタイムフレームの移動平均線を表示することのできるインジケーター「Multi Timeframe MovingAverage」をご紹介したいと思います。

マルチタイムフレームの移動平均線の入手、設定方法

このインジケーターはMT4のターミナルのライブラリからインストールすることができます。

ターミナルのライブラリからMulti Timeframe MovingAverageをチャート上にドラッグ&ドロップします。インジケーターの名前をソートすると見つけやすくなると思います。

マルチタイムフレームの移動平均線の場所

チャート上にドラッグ&ドロップすると設定画面が表示されます。

パラメーターの入力画面でパラメーターを設定します。

設定項目は次のようになります。

Min、Middle、Max Time Frame

このインジケーターでは最大3つのタイムフレームの移動平均線を表示することができるため、3つの時間軸を選択します。

average period

移動平均線の期間を選択します。

//horizontal shift

移動平均線を左右にシフトする場合に選択します。

smoothing type

移動平均線の種類を選択します。Simple(単純移動平均線)、Exponential(指数平滑移動平均線)、Smoothed(平滑移動平均線)、Linear weighted(加重移動平均線)から選択することができます。

type of price or handle

移動平均線の計算の元になる価格の種類を選択します。通常はClose priceを使用しますが、Open price(始値)、Hige price(高値)、Low price(安値)、Median price(高値と安値の平均)、Typical price(高値、安値、終値の平均)、Weighted price(高値、安値、終値、終値を4で割った数字)を使用することも可能です。

Show Min、Middle、Max

3つの移動平均線まで表示することが可能ですが、表示させるかどうかを選択します。

Trueを選択すると表示、falseを選択するとその時間軸の移動平均線は表示されません。

マルチタイムフレームの移動平均線の設定

設定を終えたら、「OK」ボタンを押すとチャート上に表示されます。

マルチタイムフレームの移動平均線

長い時間軸の移動平均線がサポート、レジスタンスの目安に

下のチャートは15分足のチャートに1時間足、4時間足、日足の期間20の移動平均線を表示させています。

曲線の移動平均線よりも段差を作りながら移動していくため、方向感が読みやすく、また、4時間足の移動平均線を価格が割り込んだ後に下落基調が強まり、その後はその移動平均線がレジスタンスとなり、上値を抑えるような動きとなっているのが確認できると思います。

マルチタイムフレームの移動平均線2

このように時間軸の移動平均線を表示させることにより、方向感が読みやすくなったり、レジスタンス、サポートの目安となったりすることは珍しくありません。

MT4を使うのであれば、このように、マルチタイムフレームのインジケーターの活用を検討してみてはいかがでしょう。

MT4のデフォルトの移動平均線はこちら

このインジケーターについての説明したメタクゥオーツのサイトはこちら(英語)