ポンドが熱い日!? 今日の注目イベントは!? 2017年12月12日


ポンドが熱い日!? 今日の注目イベントは!? 2017年12月12日

昨日の相場

ガルベス
おい、コラ、眉毛!

ユーロ円全然ダメじゃねぇか!

眉毛先生
ああ。

ドル円が下がっちゃったからね・・・。

そして、ドル中心の動きに戻っちゃったから、ユーロ円は方向感なくなっちゃったね・・・。

これ、ドル円のチャートにユーロドルのラインチャートを重ねたんだけど、途中から逆相関の動きになっちゃってるだろ。

こうなっちゃうと、ユーロ円もこんな感じ。

133.53-113.85のレンジ推移になってる。

このレンジが崩れたら、均衡が崩れて動きが出そうな感じだね。

ガルベス
必殺の言い訳だな・・・。
眉毛先生
相場の状況は刻々と変化してるってことだ。

それより、昨日の動きを見ると今週のFOMCや ECB理事会などの大きなイベントを控えているのとクリスマス休暇に入る参加者も増えてきているのか閑散とした感じの相場だったから、今日もそんな相場が続くかもな。

つまり、短期売買にはあんまり向かない相場だな。

ガルベス
そうなのか?
眉毛先生
方向感の出にくい鈍い相場が続く感じだよ。
ガルベス
嫌な感じだな。

今日のイベント

ガルベス
で、今日は何かあんのか?
眉毛先生
鈍い動きっていったけど、今日はお前の大好きなポンドが大きく動く可能性がある。

英国の消費者物価指数の発表が18:30に予定されてるんだけど、これは少し注意した方が良さそうだぞ。

市場予想は前年比3%くらいと見られてるけど、EU離脱の国民投票後のポンド下落から1年以上経つからな。

普通に考えるとポンド安の影響が徐々に薄れるってことだ。

最近ではポンドが踏ん張ってジリジリ高くなってるし、物価も前年比ベースでは落ち着いている可能性があるんだ。

つまり、原油価格が底堅いのは物価押し上げ要因だけど、弱い結果になる可能性もあるってことだ。

ネガティブサプライズ→ポンド売り

というシナリオもあるかもよ。

ガルベス
本当か??怪しいな・・・。

眉毛先生
その可能性もあるって話だよ。

もちろん、強い結果になる可能性だってあるし・・。

昨日のポンドの動き見てて、下がったところでは屈強な買いが入ってるの見ると、「実は強くて大物が買ってるんじゃねぇか??」って疑っちまう・・・。

まあ、いずれにせよ発表前後はポンドが暴れる可能性があるってことは注意しといた方がいいぞ。

眉毛先生
あとは欧州時間はドイツのZEW景況指数なんかがあるけど、それほどインパクトは大きくないと思う。強ければ、ユーロの下支え材料になるんだろうけど、ECB理事会控えてるし、注目度もそれほど高くないと思う。
ガルベス
じゃ、スルーしてもいいんだな。
眉毛先生
ああ。ユーロのスキャルピングでもしてない限り大丈夫だと思うぞ。
ガルベス
米国時間は?
眉毛先生
米国時間は明日からFOMCなんだ。

結果の発表は明後日だけど、徐々に様子見ムードになってくるかもね。

経済指標は生産者物価指数が発表される。

消費者物価指数の先行指標のような役割を果たす経済指標だから、市場予想との乖離が大きいと反応が多少大きくなる可能性があるな。

ガルベス
なるほど。

押忍!今日もヨロシク!